【レビュー】マツキヨ プロテインバー~ダイエット中の間食として食べてみた~

ついつい食べてしまう、食べながら痩せたいという気持ちからダイエット中は間食やおやつは食べない方が痩せるのはわかっているもののどうしてもやめられない…という人は多いと思います。

そんなダイエットの悩みへの対策としてプロテインバーを間食代わりに食べる人が増えています。

カロリーや脂質を抑えて、ダイエット中に不足しがちなたんぱく質が取れることで、お菓子やケーキよりも太りにくく甘いものが食べられるということで活用している人がたくさんいるのです。

今回はドラッグストアのマツモトキヨシで買えるマツキヨプライベートブランドのプロテインバーを食べたレビューと一緒に活用するときの注意点も見ていきたいと思います!

 

【本日のポイント】
プロテインバーでカロリーオーバーを防ぐ方法

・早食いを防ぐものを選ぶ

マツキヨのプロテインバー3種を食べてみた
・プレミアムプロテインバー
・プロテインバー チョコレート
・プロテインバー ストロベリー

 

プロテインバーでカロリーオーバーを防ぐ方法

プロテインバーをおやつや間食代わりにする時の重要なポイントは「早食いにならないものを選ぶこと」です。

私の経験上、具体的には「しっかり噛むタイプ」や「飲み物と一緒に食べるタイプ」の2種類だと思います。

しっかり噛むタイプは大豆パフ、シリアルやドライフルーツが入っていて噛む回数が増えるもの

飲み物と一緒に食べるタイプはウエハースやクッキーのようになっていて飲み物と一緒に食べたくなるもの

ほとんどのプロテインバーはこの2種類になるのでみなさん自身が満足感を得やすい、または食べ応えを感じる方を選ぶことが意識として大切になってきます。

 

マツキヨのプロテインバー3種を食べてみた

今回はドラッグストアのマツモトキヨシが展開するプライベートブランドのプロテインバー3種を食べてみた感想をお伝えしていきます。

マツキヨのプロテインバーは3種とも大豆パフが入った噛む回数を増やしてゆっくり食べるタイプのもので管理栄養士監修のこだわりも見られます。

プロテインバーは定番品なのでお店で買えますが、忙しい人や店舗が近くにない人はマツモトキヨシのオンラインストアで購入することも可能です。

他にもオンラインストアで支払いをして希望の店舗で受け取り、ネットで予約をした店舗で支払いと受け取りが出来るなど様々なニーズに合わせて買うことができる点はとても便利だと感じました!

 

プレミアムプロテインバー

BMIが高めの人の体脂肪を減らす機能性を持つと書かれているので、ダイエットをしている人の中で体脂肪が多い人にはプレミアムプロテインバーの方が適しているかもしれません。

1本(36g) 181円(税込)

甘さ控えめなチョコレート味なので飽きずに最後まで食べられます。

プライベートブランドなので期待していなかった部分があったのですが、チョコレートがおいしく価格相応だと思いました。

大豆パフがたくさん入っていてザクザクとした食感が楽しく、しっかり噛んで食べるので早食い防止にも役立っています。

脱脂粉乳っぽいというか乳成分の臭いが少し気になるので、苦手な人もいるかなと思います。

体脂肪を減らしてくれるといわれるローズヒップエキスの香りや味は何もなかったので全く気にせず食べられました。

 

カロリーは176kcalとプロテインバーでは他社よりも少し低めという印象です。

ほとんどのプロテインバーは185kcal~200kcalの間が多いので、小さな違いではありますがちりも積もればという意味では重要なポイントといえるかもしれませんね!

 

プロテインバー チョコレート

こちらも甘さ控えめなミルクチョコレートで最後まで飽きずに食べることができます。

大豆パフの食感がザクザクとしていて食べ応えありです。

しっかりと味わって食べた場合は後味に大豆の香りが残るので気になる人がいるかもしれないですね。

何が関係するのかがわからないのですが、食べている時に粉っぽさを感じたのが少し気になりました。

 

1本(36g) 176kcalでプレミアムプロテインバーと一緒のカロリーです。

128円(税込)で体脂肪を下げる機能性を持ってはいませんが、他社のプロテインバーよりも安い方の部類に入るので購入しやすいのはメリットだと思いました。

 

プロテインバー ストロベリー

プロテインバーでは仕方のないことなのですが、いちごの香料が強くて好き嫌いが分かれます。

私は香料が強過ぎて苦手でしたが、以前に食べたライザップのプロテインバーも同じだったので仕方がないのかなと思いました。
(ストロベリー味をもっと本物のいちごに近づけて、香料を控えめにしてくれるところがあったら私は間違いなく買います笑)

大豆パフがたくさん入っているおかげで後味が甘過ぎたり、いちごの香料が口の中に強く残ることがないのはプラス点の部分です。

 

1本(36g) 185kcal

他社とカロリーの差はほぼありません。

ストロベリーチョコレートはミルクチョコレートよりもカロリーが高くなることが多いので気になるほどではないなと思いました。

 

まとめ

今回はプロテインバーをおやつや間食として活用するというテーマと一緒にマツキヨブランドのプロテインバーを食べた感想をお伝えしてきました。

私の確認不足で立ち寄った店が塩キャラメル味を売っていなかったので、塩キャラメル味も食べて感想を追加したいと思います。

以前にライザップのプロテインバーのレビューも書きましたが、金額を無視したらライザップの方がおいしいです。

ライザップのダイエットサポートバーについてはこちらからのぞいてみてください!

しかし販売価格を考えたらマツキヨのプロテインバーも十分においしいので、お菓子や間食を買う分の代替えとして無理がないものを選ぶことが重要になる点を考慮してもらえればと思います。

 

【本日のポイント】
プロテインバーでカロリーオーバーを防ぐ方法

・早食いを防ぐものを選ぶ

マツキヨのプロテインバー3種を食べてみた
・プレミアムプロテインバー
・プロテインバー チョコレート
・プロテインバー ストロベリー

 

みなさんの食生活を整えるお役に立てばうれしいです!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です