【レビュー】ライザップのダイエットサポートバーは低カロリーでおすすめ~ただし食事コントロールが必要!~

ダイエットといえばライザップということで、ライザップが監修しているダイエットサポートバーを食べたリアルな感想をお伝えしていきたいと思います。

個人的にはダイエット食品は味をがまんをして食べるもの、すぐにお腹が空いてしまうものと思っているので本当にダイエットに向いているものなのかも合わせて見ていきたいと思います。

 

【本日のポイント】
ダイエットサポートバーは食べ方がポイント!
・低カロリーでダイエット向き
・値段が高い

ダイエットサポートバーを食べてみた
・ホワイトチョコレート ホワイトチョコレートの味が少し物足りない!
・ストロベリー いちごのリアル感がもっと欲しい!
・チョコレート おいしい!続けられる!でもあと一歩!
 

 

ダイエットサポートバーは食べ方がポイント!

空腹になると食べ過ぎてしまったり、インスリンの働きが過剰になって太りやすくなってしまったりとマイナスな効果が多いといわれています。

このことからライザップのダイエットサポートバーは「空腹にならない食生活」をポイントとして活用方法を2ステップで紹介しています。

①1回の食事量を減らす(いつもの8割くらいにする)

②1日1本ダイエットサポートバーを朝食と昼食の間食、または昼食と夕食の間食として食べることで空腹の時間を出来るだけ減らすようにする(1日2本でもOK)

1日5食で空腹時間が続くことで起こる脂肪蓄積のリスクを減らし、カロリーをコントロールすることが大切ですのでいつもの食事量でダイエットサポートバーを間食として取り入れる方法ではないことに注意してください。

ダイエットサポートバーの活用方法について確認したので私がダイエットサポートバーについて調べて感じたことや実際に食べた感想も見ていきましょう。

太りにくい体を目指すなら低GI食品も取り入れていきましょう!こちらものぞいてみてください!
【対策】低GIの食べ物をいかして太りにくい体を手に入れる!

 

ダイエットサポートバーは低カロリーでダイエット向き

大きさは約10cmで1つの区切りが3種とも約30kcalとカロリー計算も簡単にできます。

シンプルな大豆パフをたくさん使用することでカロリーを抑えて食べ応えをアップさせています。

1本満足バーのようなチョコレート感を求めると物足りなさを感じると思いますが、低カロリーな理由はチョコレートが控えめに使われているからだとわかりました。

ドラッグストアでよく見かけるチョコレートバーとカロリー比較をしてみると森永製菓にはさらに低カロリーなものもあるので、低カロリーということだけダイエットサポートバーと呼ぶことにはならないようです。

 

【カロリー比較】
ライザップ 5Diet サポートバー チョコレート味 1本(約30g) 144kcal
森永製菓 inバー プロテイン グラノーラ チョコアーモンド 1本(約33g) 135kcal
アサヒグループ食品 1本満足バー シリアルチョコ 1本(約37g) 195kcal

 

値段が高い

ライザップブランドだからなのか値段が高いです。

ドラッグストアやオンラインショップで調べても1本194円(税込)と1日1本~2本を数カ月食べ続けるには高いなと思ってしまいました。(価格調査は独自調査です)

もう少し手ごろな値段になるか、定期購入で安くなるなどもう一歩庶民にも手が届きやすい方法を見つけてもらいたいです。

 

ホワイトチョコレート

普段はあまり食べないホワイトチョコレートを買ってみました。

 

1本(約30g)153kcalと間食としては低カロリーです。

栄養成分を inバー プロテインや1本満足バーと比べるとさすがライザップ!葉酸・鉄・ナイアシン・パントテン酸など女性の健康とダイエットに重要な成分がしっかり入っています。

 

砂糖が控えめになっている分をエリスリトールという天然甘味料で補っているところもカロリーカットのポイントです。

 

おいしさ:75点 ホワイトチョコレート感が物足りない
満足感:90点 後を引かないところが食べやすい

 

ホワイトチョコレートというと濃厚な味を想像しますよね。

食べてみたら「思っていたよりもあっさり味」でした。

最初はホワイトチョコレートの甘みを感じられて、ザクザク食感のパフが噛んでいるとだんだんと甘みを抑えてくれるために飽きずに食べられると思いました。

口の中に甘さが少し残る程度で嫌な甘さがほとんど残らないのも良いポイントだと感じます。

ちょっと大豆パフの香りが後味で残ってしまうのが惜しいなと思うので改良にきたいです!

 

 

ストロベリー

ストロベリー味はいかにも女性向けな感じパッケージです!

 

1本(約30g)150kcalとホワイトチョコレートよりも若干低カロリーです。(誤差の範囲内ですが)

ストロベリーにももちろん葉酸・鉄・ナイアシン・パントテン酸など女性の健康とダイエットに重要な成分がしっかり入っています。

 

砂糖が控えめになっている分をエリスリトールという天然甘味料で補っているところもホワイトチョコレートと同じでカロリーカットのポイントです。

 

おいしさ:80点 いちごのクオリティーを上げて欲しい
満足感:85点 香料が良くも悪くも強い

 

いちごの香りが口中に広がってホワイトチョコレートよりも甘みとチョコレート感を感じます。

ザクザク食感の大豆パフが甘みを中和してくれるので、チョコレートの甘みも香りも少し残る程度で嫌な感じはせず食べやすいです。

最近はストロベリーチョコレートのクオリティーが高く、つぶつぶ食感やいちごのジューシー感を味わえるものも増えているので次の段階としては本物感を追求してもらいたいです!

 

 

チョコレート

すでに安定感を抱くパッケージです。

 

1本(約30g)144kcalと3種類の中では最も低カロリーです。

チョコレートももちろん葉酸・鉄・ナイアシン・パントテン酸など女性の健康とダイエットに重要な成分がしっかり入っています。

 

チョコレートは元々ホワイトチョコレートやストロベリーチョコレートと比べて油分と脂肪分の使用量が少ないのでカロリーが控えめになるのですよね。(ハイカカオチョコレートはカカオの油分が多いのですが、その分乳脂肪や砂糖が少なくできています)

砂糖が控えめになっている分をエリスリトールという天然甘味料で補っているところも他の2種類と同じでカロリーカットのポイントです。

 

おいしさ:90点 甘さ控えめなのにとてもおいしい!ただもう少しだけチョコレート感が欲しい
満足感:90点 安定して食べられる味!ナッツが入ったらもっと食べ応えが上がるかも

 

チョコレートの甘み、香り、苦みがしっかり味わえてバランスが良くチョコレートバーを食べているなと感じることができます。

甘みを感じますが、チョコレートの甘さは控えめなので食べやすく、私的には一番おいしいと感じました!

同じようなチョコレートバーを食べ慣れているからかもしれませんね。

私はチョコレート好きなので気になりませんが食べた後にチョコレートの味が少し残ります。

大豆パフの独特の香りもチョコレート香りでコーティングされているように思うのでホワイトチョコレートやストロベリーチョコレートよりも気になりませんでした。

 

 

まとめ

今回はライザップのダイエットサポートバー3種を食べ比べしてみました。

個人的な結果は全体的にダイエット食品で考えたらおいしかったです。

その中でも一番はやっぱりチョコレート味ですね。

ただやはりチョコレートバーというカテゴリーで考えてしまうので、値段が150円(税込)以下だったら続けたいなと思います。(超個人的希望は100円ですが!笑)

 

【本日のポイント】
ダイエットサポートバーは食べ方がポイント!
・低カロリーでダイエット向き
・値段が高い

ダイエットサポートバーを食べてみた
・ホワイトチョコレート ホワイトチョコレートの味が少し物足りない!
・ストロベリー いちごのリアル感がもっと欲しい!
・チョコレート おいしい!続けられる!でもあと一歩!
 

 

あとはやはりダイエットサポートバーを取り入れながらのカロリーコントロールが本当に重要だと思いますので、朝昼晩の3食において腹八分目を実践できるかどうかがキーポイントですね。

どのようなものなのかな、試してみたいなと思っていた人の参考になればいいなと思います!

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です