【簡単対策】ストレス過食を笑いで抑える!~セロトニンを増やす~

当たり前のことですがイライラやストレスで食べてしまう時は楽しいときではありませんよね。

脳はストレスに弱い性質があるので、ストレスを感じるとストレスを早く解消したいという指令を出します。

ストレスから逃れる一番簡単な方法は「食べること」なのです。しかし毎回ストレスを食べることで解消をしていては太っていってしまう一方です。

今回は「ストレスを減らす生活」について「心のゆとり」をキーワードに考えてみたいと思います!

 

【本日のポイント】
ストレス解消で食べる自分を責めてはいけない
・食欲が止まらないときを知ろう

ストレスを軽減させる生活を目指す
・不要なストレスを減らす
・笑うと食欲が抑えられる

 

ストレス解消で食べる自分を責めてはいけない

罪悪感は太る原因

ストレス解消で暴飲暴食をしてしまうことは脳のメカニズムを考えれば決しておかしいことではありません。

イライラした時に何か食べたくなるのは脳がストレスを減らすために引き起こしている作用ですから「どのようなときにストレスを感じて食べたくなってしまうのか」を振り返ってみることがストレス過食を抑えるための第一歩になるのです。

 

食欲が止まらないときを知ろう

みなさんは食欲が止まらないときはどのようなタイミングなのかを考えてみたことはありますか?

ストレスを感じたとき、疲れているとき、生理前など個人によって様々です。

その中でもストレスは意識を変えることによって軽減させることが出来る可能性が高いものといえます。

まずはストレスにきちんと向き合うことが大切ですので、食欲に負けてしまう自分を責めてはいけません!

自分を責めることがダイエットでは負のスパイラルに陥る原因になるので、ダイエットでは食べ過ぎたと後悔しないようにしましょう!

ダイエット中の心掛けについてはこちらも参考にのぞいてみてください!
【ダイエットの心得】食べ過ぎの罪悪感は太る原因

 

ストレスを軽減させる生活を目指す

食欲が止まらない原因がストレスなのであればストレスを減らすために生活習慣を改める必要があります。

今回はストレスへの意識を変える2つの方法で見ていきたいと思います。

 

不要なストレスを減らす

イライラで食べてしまうときに多い状況として不要なストレスが原因であることが多いです。

周りのことを気にし過ぎて仕事を抱えたり、増やしてしまったりするのでどんどん自分で仕事をコントロール出来なくなっていく外的なストレスが増えやすくなってしまいます。

自己成長ではなく、周りに振り回されてただ仕事をこなすだけの環境になってしまうと暴飲暴食に走りやすくなります。

ストレスの違いについてはこちらの記事をのぞいてみてください!
参考書籍として繊細さんの知恵袋も読んでみてください。

【対策】ストレス太りを言い訳にしない!~無用なストレスを減らす~

 

 

笑うと食欲が抑えられる

おもしろい動画や友人と話していて楽しくなって笑うと幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが出てストレスが軽減されます。

ストレスが溜まっているときは笑顔でいることも笑うことも難しいと思いますが、ストレスが溜まっていると気づいて笑うことが出来るくらいの心のゆとりを持つように意識をしていくようにしてみてください。

好きなことに熱中するなどストレスの原因を一度思い切り忘れて没頭するというのもストレスが減るきっかけになります。

心のゆとりがなくなったときの対処法はこちらものぞいてみてください!
【対策】呼吸を意識しよう!~忙しいときほど深呼吸が大事~

  

まとめ

好きなことに没頭する時間も大事!

ストレスで食べ過ぎてしまう人へ向けたストレスを軽減させる生活の目指し方について見てきました。

ストレス過食ばかりをしていた私自身、「心のゆとり」を意識したことでイライラの勢いで食べてしまうことが減ってきました。

 

【本日のポイント】
ストレス解消で食べる自分を責めてはいけない
・食欲が止まらないときを知ろう

ストレスを軽減させる生活を目指す
・不要なストレスを減らす
・笑うと食欲が抑えられる

 

みなさんもストレスで食べ過ぎてしまうことがあるかもしれませんが、そのようなときこそ気分転換をして笑えるくらいの心の余裕を持てるようにしていけるように意識をしてみてください!

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です