【対策】呼吸を意識しよう!~忙しいときほど深呼吸が大事~

一年の終わりが近づいてくると何となく落ち着かなかったり、何かに急かされているような気がしてきませんか?

そんな時にはゆっくりと大きく深呼吸をするようにしてみてください。

心も体も段々と落ち着いてくるのではないでしょうか。

今回は呼吸を意識する大切さとしっかりと呼吸をするための対策をお伝えしたいと思います!

 

【本日のポイント】
呼吸で心を安定させよう
・漢字で見る心が体に与える影響
・呼吸は心を整える

改善方法
・一日に一度ゆっくりと深呼吸をする
・息をはくときに全身の力を抜くイメージをする
・息を吸うよりも息をはく方に意識を向ける

 

呼吸で心を安定させよう

呼吸が浅くなると寝ても疲れが取れにくくなります

呼吸(息)は自分の心を表しています。

イライラする、疲れている、体調が悪い時のように心の状態が良くない時には呼吸が乱れたり浅くなったりしやすくなります。

私たちが使う文字には心の状態を表す漢字が多くあります。

例えば

「怒る」心が激しくかき乱されている状態を指します。
「悲しむ」心が非ずと書き、胸が張り裂けそうで心を保っていられない状態を指します。

他にも

「忙しい」時間に追われて気持ちのゆとりが無くなる(心が亡くなる)
「慌ただしい」心が乱れて配慮が行き届かなくなる(心が荒れる)
「怯える」心が恐怖に支配されてしまう(心が去る)

心の状態がいかに複雑であるかがわかると同時に心の状態がどれだけ体調へ影響を及ぼしているのかということがみなさんにも想像がつくことでしょう。

禅や瞑想では心を整えるために呼吸を整えることを教えています。

日本には呼吸を大切にする文化が根付いており、古来からの武術や作法に取り入れられています。

呼吸が浅くなると話すスピードが速くなります。
結果的に、脳や全身に十分な酸素が行き届かなくなって視野が狭くなり、思考が浅くなってしまいます。

さらに浅い呼吸は体を緊張させてエネルギーが滞りやすくなります。

私自身、毎回整体の先生から肩が緊張して上がっているといわれるので深く呼吸をするようにしたところ

まずは自分自身の呼吸について意識を向けてみることを心がけてみましょう。

もしかしたら思っている以上に呼吸が浅くなって体を過剰に緊張させていたり、心が乱れやすい状態になっていたりするかもしれませんよ!

 

改善方法

呼吸に意識を向けるとは何をすればいいの?と思われますよね。

簡単に実践できる対策方法を3つお伝えしますので、試してみてください!

 

一日に一度、ゆっくりと深呼吸できる時間を持つ

朝起きたときでも、お手洗いに行ったときでも、寝る前でもいいのでゆっくりと深呼吸が出来る時間を持ってみてください。

理想は1分ほどですが、2~3回深呼吸をするだけでも心を落ち着けてくれて体中に酸素が行き届きやすくなります。

お腹を膨らませようと意識をして息を吸うと自然と腹式呼吸になるので深く呼吸することが出来ますよ!

 

息をはく時に全身の力を抜くイメージをする

私たちは普段から自分が思っている以上に心も体も緊張した状態でいます。

体の力を抜く気持ちで息をはくと緊張で固くなってしまった首や肩がいつもよりほぐれやすくなります。

緊張がほぐれると血行が良くなって酸素も十分に供給されるようになるので体が疲れにくくなります。

実践をしている私の視点では自分自身の心と体を一度リセットするためにも効果があると思っています。

 

息を吸うよりも息をはく方に意識を向ける

呼吸を意識するとどうしても息を吸うことに一生懸命になってしまいますが、息をはく方を意識すると深く呼吸をすることが出来るようになります。

お腹を引っ込めるようにして息をはくのがポイントで腸の動きが活発になるというメリットもあります。

他にも息を吸うときには交感神経が優位に働き、息をはくときには副交感神経が優位に働きます。

副交感神経が優位に働いているときに私の心と体がリラックスできるので、しっかり息をはいて吸う腹式呼吸を心がけてみてください。

呼吸が浅いとどのような症状が出るのかはこちらをのぞいてみてください!
【対処法】呼吸が浅くなる人は注意! 疲れが取れない・ストレスがたまる原因になる

 

まとめ

今回は忙しいときこそ呼吸を意識して心を落ち着けようというテーマで見てきました。

みなさんは仕事の忙しさや周りの慌ただしい雰囲気に流されてしまっていませんか?

 

【本日のポイント】
呼吸で心を安定させよう
・漢字で見る心が体に与える影響
・呼吸は心を整える

改善方法
・一日に一度ゆっくりと深呼吸をする
・息をはくときに全身の力を抜くイメージをする
・息を吸うよりも息をはく方に意識を向ける

 

今となっては当たり前のマスク生活も呼吸が浅くなりやすくなる原因です。

マスクの息苦しさで浅い呼吸(胸式呼吸)になってしまいがちですが、呼吸に意識を向けてあげることで自分自身の心を落ち着けてミスを減らすことにも繋がります。

少し立ち止まってゆっくり深呼吸をするゆとりを持てるようにしてみてくださいね!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です