【転職市場のリアル】35歳が転職エージェント大手4社を比較~大手でもサポートに差がある~

私のリクナビエージェント転職活動状況

35歳で3回転職経験をしている私が現在転職活動をしている中で実際に使ってみた転職エージェント大手4社を比較してみました。

非公開求人が多い、面接サポートや入社時期の調整など転職が初めての人にも何度も転職をしている人にもおすすめと言われている転職エージェントですが、実際に私の転職活動がどのように進んでいるかを交えてお伝えしたいと思います。

 

【本日のポイント】
大手転職エージェントを使った感想


転職エージェント4社を比較
・リクルートエージェント
・パソナキャリア
・doda パーソルキャリア
・アデコ Spring転職エージェント

大手転職エージェントを使った感想

厳しい表現になりますが転職エージェントを使ったから転職活動が必ず成功するとは限りません。

不況が続けば当然求職者が増えていきます。

その中で日本企業はまだまだ「年齢が若い」「転職回数が少ない」求職者を選ぶ傾向が強くあります。

転職者へのアンケートでは応募してから何社目に転職先が決まったかという質問に3~5社目という人が全体の50%ほどを占めているという調査があります。

しかし私が体験した大手4社のサポートで言うと実際に転職エージェントに応募をしてもエージェントへの登録を断られる、何十社も書類選考段階で落ちるというのがリアルでした。

 

転職エージェント4社を比較

私のdoda パーソルキャリア個人画面

転職エージェントは非公開求人も多く取り扱っているので大手転職サイトのリクナビネクスト、マイナビ転職やエン転職などでも見つけられない大手企業の求人がたくさんあります。

さらにブラック企業も転職サイトから通常の応募をするよりも格段に少ないです。

転職エージェントが求職者一人ひとりを担当するためにブラック企業や全く希望していない求人の情報は来ないようになっています。

求人検索もフィルターやブロック機能だけではなく、AI機能で希望求人に近いものを提案してくれるようになっているので5年前と比較しても格段に希望条件で求人を探すのが簡単になりました。

 

リクルートエージェント

メリット
・転職希望者に専任エージェント1名がサポートをするので困った時や気になることがあったら気軽に相談できる

・求人数が圧倒的に多いので未経験でも希望業界や希望職種で転職出来る可能性が高い

・東証一部上場企業や大手企業の求人もたくさん載っているので転職活動にも気合が入る
→リクナビネクストやマイナビ転職には載らない非公開優良求人が多い!
→エージェントを通して応募するのでブラック企業に応募をしてしまうといった失敗はない

 

デメリット
・書類通過をするために少しでも興味を持った求人には応募をするように言われるが書類が通過しやすいように手配をしてくれている感じはしない


・定期的に履歴書と職務経歴書の更新をしなければならないのだがその説明を転職を始めてから数カ月してから担当エージェントの上長からメールが来る
→最初の面談の時に月一で情報更新をするように言えば済む気がして無駄な応募が多かったように思う

・専任エージェントが複数名の求職者を担当するために相談をしても希望時間で面談が出来ない時がある

・専任エージェントによる担当制だが転職回数が少ない、年齢が若い人の方が転職に成功しやすいのでサポートが手厚い

 

パソナキャリア

希望に沿う求人がないとのことで登録が出来ませんでした。

日系最大手3社に入る人材紹介会社なので相当に焦りを覚えました…苦笑

 

doda パーソルキャリア

メリット
・電話や対面の事前面談がなく登録した経歴の審査が通ればすぐに非公開求人を含めた求人への応募が出来る

・エージェントの紹介求人と企業への直接応募がアプリ上で一緒に出来るので簡単で使いやすい

・ほぼ毎日紹介求人とオファーが来るのでたくさんの求人から今まで知らなかった企業と出会える

 

デメリット
・専任エージェントはいるものの直接面接へ受かるためのサポートをしてくれるわけではない
→自分から積極的に動かないといけない

・面接サポートは資料を見ながら自分で対策をするので転職が初めての人には不安が大きいと思う

・ブロック機能やAI機能がイマイチなのか同じ求人で何度もオファーが来るのがストレス

 

アデコ Spring転職エージェント

メリット
・電話面談をしてくれたアデコの担当さんがとても熱心な人だったので他社含めてツッコんだ転職市場動向や求人の傾向なども細かく教えてくれた

(他社のことでも遠慮なく聞いてください!という言葉が社交辞令だとわかっていても機械的な面談でない感じがして嬉しかった♪)

・1人のエージェントが担当する転職希望者の人数が少ないために書類通過のコツや面接対策など手厚いサポートを受けることが出来る

 

デメリット
・アデコは日本では数少ない人材紹介のグローバル企業だけど、日本では求人数が少ないので希望求人と出会うのはかなり難しい

・私の担当以外のエージェントからも何回か求人オファーをもらっているが同じ求人ばかり来るので活用できない

 

まとめ

今回は絶賛転職活動中の私が大手転職エージェントを使った感想をお伝えしてきました。

自力で転職サイトから応募をするよりも書類の郵送など手間が少ないので、仕事をしながら転職活動をすることも出来ます。

不況が続く中では吟味をして次の職場を選びたくなるのが当然だと思いますので、私自身も焦る気持ちはありますが時間をかけて新しいステージを探したいと思っています。

 

【本日のポイント】
大手転職エージェントを使った感想


転職エージェント4社を比較
・リクルートエージェント
・パソナキャリア
・doda パーソルキャリア
・アデコ Spring転職エージェント

 

転職活動を考えている人の参考になれば嬉しいです!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です