【おすすめ】野菜が苦手な人もスプラウトの効果で健康を目指そう!

みなさんは普段からスプラウトを食べていますか?

スプラウトは野菜の新芽を指していてとても栄養価が高いことで知られています。

もやし、かいわれ大根、レッドキャベツ、マスタードなど注目されていることもあって、様々なスプラウトが売っています。

その中でもおすすめなのが「ブロッコリーのスプラウト」です!

今回は食事にも取り入れやすいブロッコリースプラウトの効果で健康を目指すをテーマにお伝えしていきたいと思います。
 

【本日のポイント】
ブロッコリースプラウトで手軽に健康を目指す!


野菜が苦手な人にもおすすめの理由!
1.クセが少ない
2.少しの量で効果がたくさん得られる
3.食べ方が簡単


女性に嬉しい栄養がたくさん!
1.スルフォラファン:老化防止
2.ナイアシン:痩せやすい体になっていく
3.葉酸:妊娠初期の女性に重要な栄養素 など


おすすめの食べ方
1.生で食べる(サラダや添え物)
2.汁ものに入れる(上から乗せてすぐに食べよう!)

野菜が苦手な人こそスプラウトを食べよう!

野菜が苦手な人にとって「ダイエットには野菜」「健康のためには野菜」という言葉は耳障りな話ですよね。

特に野菜の苦味や酸味が嫌いな原因で我慢をして食べているのではないでしょうか。

ブロッコリースプラウトは野菜特有の苦味や青臭さがとても少ないのです。

私の感覚ではありますが、同じスプラウトでももやしは独特の味がありますし、かいわれ大根も辛味と青臭さが気になります。

栄養がたくさんつまっているので少しの量で効率よく栄養が取れるのも大きなメリットです!

基本的にはサラダや添え物として加熱をしないでそのまま食べるのがおすすめです。

糖質、たんぱく質、脂質のエネルギー効率を上げる栄養素も含まれていますので単品で食べるよりも効果的な食べ方といえます。

デメリットとしては1パック(50g)で100円以上するので高いと思う人もいるかもしれないことです。
 

ブロッコリースプラウトの栄養

【ブロッコリースプラウトの主な栄養素】

・カルシウム:骨や歯を強くする、筋肉や神経の働きを整える


・カリウム:余分な水分と塩分を体から排出させてむくみや水分太りを防止する


・マグネシウム:体温調節など代謝機能を整える


・β-カロテン:内臓の調子を整えて食べ物のエネルギー消費効率を上げる、皮ふの健康を保つ


・ナイアシン:糖質、脂質、タンパク質の代謝を促して痩せやすい体になる


・葉酸:細胞の生成や再生を助ける、妊娠初期の女性にとって胎児の成長に大変重要な栄養素


・スルフォラファン:がん予防、老化予防、肝臓ケア


ブロッコリースプラウトにはブロッコリーとして成長するための栄養がたくさんつまっています。

効率よく栄養を取れる点とブロッコリーにはない栄養も含まれている点がおすすめの理由です。

特に飲み過ぎの人や季節柄夏バテなどで体調を崩しやすい人は肝臓のケアとして積極的に取り入れるといいのではないでしょうか。
 

効果的な食べ方

ブロッコリースプラウトはスルフォラファンなど熱に弱い栄養素が多いので、サラダや添え物としてそのまま食べるのが一番効果的な食べ方です。

食べる量としては2~3日に1回、20g(約1パック)を目安にしてください。

スープやみそ汁などに入れると青臭さや味が気にならなくなるので、野菜が苦手な人は食べる直前にブロッコリースプラウトを汁ものの上に乗せて食べれば栄養をほとんど逃すことなく食べることができます。
 

まとめ

毎日健康のために十分な量の野菜を食べるのは簡単なことではありません。

1日350gといわれているので、意識してやってみたものの食べる量もお金の部分も続けるのは情けないながら私は大変だと思ってしまいました。苦笑

特に一人暮らしの人にとって効率よく栄養を取れることは野菜を選ぶときに重要なポイントになると思います。

ブロッコリースプラウトにはさらに栄養がつまったブロッコリースーパースプラウトもあるので、気になる人は村上農園さんのHPを見てみてください!

ブロッコリースーパースプラウト 株式会社村上農園
https://www.murakamifarm.com/products/bss/
  

【本日のポイント】
ブロッコリースプラウトで手軽に健康を目指す!


野菜が苦手な人にもおすすめの理由!
1.クセが少ない
2.少しの量で効果がたくさん得られる
3.食べ方が簡単


女性に嬉しい栄養がたくさん!
1.スルフォラファン:老化防止
2.ナイアシン:痩せやすい体になっていく
3.葉酸:妊娠初期の女性に重要な栄養素 など


おすすめの食べ方
1.生で食べる(サラダや添え物)
2.汁ものに入れる(上から乗せてすぐに食べよう!)


野菜を食べることが負担にならないように上手く食生活に取り入れられるようにしていきたいですね!
 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です