【見直し】ケトジェニックダイエットで痩せない!~期間と食べものがキーポイント~

頑張って糖質制限をしているのに痩せない!という悩みがある人も多いと言われています。

ご飯もパンもお菓子も我慢しているのに痩せないことでダイエットをやめたくなってしまっている人やどうしたらいいのか悩んでいる人への見直しポイントとして2つお伝えしていきたいと思います。

 

【本日のポイント】
ケトジェニックダイエットにも停滞期がある

痩せないときの見直しポイント
・3ヶ月はケトン体ダイエットを続けよう
・糖質も活用する

 

ケトジェニックダイエットにも停滞期がある

ケトジェニックダイエットで「1週間に3kg痩せた!」、「1週間に5kg痩せた!」という大きな効果がみられるケースがあります。

これらのケースは水分代謝によるむくみが取れた場合だったり、今までよりもカロリー摂取が少なくなっていたりすることから体重が減ったものであって、ケトジェニックダイエットによる効果は少ないものです。

一気に痩せてダイエット気分が盛り上がっている中で少しずつ体重が減らなくなって、停滞期になっていくと「こんなに頑張っているのに何で痩せないの!」とイライラしたり気分が落ち込んだりしてしまいます。

まずは体重が減らなくなっても焦らないという気持ちを持つことが重要です。

 

痩せないときの見直しポイント

ケトジェニックダイエットは糖質カットによる食事制限が厳しいために挫折してしまうことも多いですが、効果がしっかりと出るダイエット方法であるために現在のダイエット法で主流となっています。

しかしあまりにも効果が出ないのは時間もお金も無駄にしてしまっている可能性もあるので体重の変化が少なくなってきたら見直したい

 

3ヶ月はケトン体ダイエットを続けよう

ケトジェニックダイエットとは糖質ではなく、脂質から必要なエネルギーを作り出すサイクルへ体の仕組みを変化させる方法です。

脂肪からエネルギーを作るようになれば体についた余分な脂肪がエネルギー源として使われるようになりますが、体の仕組みを変化させるには個人差があり少なくとも1ヶ月程度はかかりダイエット効果をきちんと得られるには約3ヶ月かかるといわれています。

すぐに効果が出て目標の体重になったとしても3ヶ月続けると本来のダイエット効果を得ることができるので期間をきちんと守ることを心掛けるようにしてください。

 

糖質も活用する

ケトジェニックダイエットは糖質量を大きくカットするために代わりにエネルギー源となる脂質を必要量しっかりと取らなければなりません。

実際には毎日十分な脂質を取るのはとても大変で、脂質をしっかり取っているつもりでも体重が減らなくなってしまった場合には油を取る量が足りない可能性があります。

ケトジェニックダイエットでは食事でカロリーを取るときにMCTオイル、バター、オリーブオイルなど油をサラダ、肉や魚、飲み物に追加をしてカロリーを取るのが一般的なのですが、ケトジェニックダイエットに必要な油とカロリーを摂取するのは想定以上に大変で油が体に合わなかったり、たくさん油を取ることでお腹が痛くなってしまったりしてしまうことがあります。

意識をして脂質を取っていても十分な量を取れない場合は糖質の量を少し増やして糖質と脂質の割合を見直すことで痩せ体質に変わるスイッチが入るようになるでしょう。

 

まとめ

今回はケトジェニックダイエットの停滞期に見直したいポイントをお伝えしてきました。

ダイエットの一番の敵はモチベーションを保ち続けることですから「上手くいかないときもあるよね」「もう少し頑張れば効果が出てくるんだ」という心のゆとりを持つことが大切です。

 

【本日のポイント】
ケトジェニックダイエットにも停滞期がある

痩せないときの見直しポイント
・3ヶ月はケトン体ダイエットを続けよう
・糖質も活用する

 

食べながら痩せるためにも体に合ったダイエット方法を実践していきましょう!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です