【見直し】ストレスは顔を変える!~自分の変化に気づく重要性~

みなさんはイライラや疲れが溜まると顔つきが変わることを知っていますか?

疲れていてやつれて見えたり、顔色が悪くなったりということは聞いたことがあると思いますが、それ以上にストレスによって顔が変わるにも関わらず自分の変化に気づかない状態になってしまうことがあるのです。

今回は疲れているときこそ確認してほしいストレスは顔を変えるについて風水の観点も交えて見ていきたいと思います!

 

【本日のポイント】
ストレスで顔が変わることに気づこう!
・いつもと何かが違うは大事な感覚

ストレスは目に見える!
・目つきが悪くなる
・顔がゆがむ
・口角が下がる


対策

毎日自分の顔を鏡で見る
気分転換をする
ストレスが溜まっていることを自覚する

 

ストレスで顔が変わることに気づこう!

すっかりマスク生活に慣れてしまうと思っている以上に自分の顔をきちんと見る機会が減ってしまっています。

例えストレスや疲れが顔に出ていても気づきにくくなってしまっていますので、まずは毎朝鏡で自分の顔を見て体調に変化が無いかを確認する習慣を身につけるようにしましょう。

 

いつもと何かが違うは大事な感覚

毎朝鏡で顔を観察するようになるとちょっとした顔の変化に違和感を覚えるようになります。

この小さな変化が体調が悪くなる前兆であり、風水では運の流れが悪くなるタイミングだといわれています。

 

ストレスは目に見える

ストレスが溜まっているときの私の目(三白眼)です。

ストレスで顔つきが変わるとはどのような変化が起こるのかを見ていきます。

顔色、むくみ、腫れといった日常的な変化以外にも注意を払うようにしていきましょう。

 

目つきが悪くなる

上にある私の目の写真のように、鏡を真っすぐに見ているのに黒目が上がってしまっている状態を三白眼と呼びます。

三白眼はストレスを多く受けている人がなりやすく、ストレス状態が緩和されれば自然と元に戻ります。

目つきが悪く見えたり、きつそうだと思われたりと誤解を招いてしまいやすくなるので黒目が上がってしまっているかも…と違和感を感じたら強いストレスを感じていないかを見直してみてください。

 

顔がゆがむ

顔がゆがんでしまうなんてさすがに気づけるのではないかと思うかもしれません。

しかし忙しかったり慌ただしく日々を過ごしていると自分に意識を向けることが減って、ストレスや疲れで顔がゆがんでしまっていることに気づかない人も多くいるのです。

風水においても顔がゆがむのは骨がゆがむのとは異なり体のバランスが崩れていることを示し、運の低迷を表します。

体のバランスが崩れているのは変なところに力が入ってしまったり、反対に必要な部分に力が入らなかったりと体の動きがおかしくなって起こる現象です。

そのために顔のゆがみは早い段階で気づくことが心と体のバランスを崩さないためにも重要なことといえるのです。

 

口角が下がる

口元がへの字になるように口角が下がるのも運の低迷を表すサインといわれています。

マスク生活をしていると話す機会も笑う機会も減るので顔の表情筋を動かす回数も少なくなっていくので油断すると口角がいつの間にか下がってしまっているかもしれません。

女性は口角が上がっていることが運を上げて、印象を良くする方法だといわれていますのでマスクで口元が見えなくても口角を上げる意識を持つようにしてください。

 

対策

今日から出来る自分の日々の変化を知って、どのようにストレスと向き合うかについての方法見ていきたいと思います。

 

毎日自分の顔を鏡で見る

先述の通りに自分の顔を観察する時間として朝起きたら鏡で自分の顔を見るようにしましょう。

顔色や目の下のクマといった変化と同様に黒目の位置や顔のゆがみも意識を向けることでわずかな違いが出た早い段階で気づくことが出来るようになります。

自分自身にもっと関心を持つように心がけてみてくださいね。

 

気分転換をする

ストレスが溜まりやすい性質の人は気分転換をすることに重点を置いてみてください。

ストレスが溜まっているときというのはストレスによるイライラや疲れに心が支配されてしまっていて、心のゆとりがなくなっています。

自分自身がいっぱいいっぱいになると普段はやらないようなミスをしたり、周りに迷惑をかけたりして余計に気持ちが不安定になります。

心のゆとりがないときに有効な気分転換は体を使うことです。

早めのウォーキングやダンス、水泳などしっかりと体を使う動きをすると気分がすっきりとしてきます。

 

ストレスが溜まっていることを自覚する

ストレスを溜めてしまう人はストレスフルな状態であることを認識することが苦手です。

ストレスが溜まっているだろうから少し休憩をしよう、気分転換をしようと意識的に休むようにしてみてください。

少しずつストレスが溜まっているときがどのようなときなのか、どうしたらストレスを軽減することが出来るのかを試しながら見つけていくようにしていきましょう。

 

まとめ

今回はストレスは顔を変えるというテーマで見てきました。

みなさんは自分自身の小さな変化にきちんと気づけていますでしょうか。

 

【本日のポイント】
ストレスで顔が変わることに気づこう!
・いつもと何かが違うは大事な感覚

ストレスは目に見える!
・目つきが悪くなる
・顔がゆがむ
・口角が下がる


対策

毎日自分の顔を鏡で見る
気分転換をする
ストレスが溜まっていることを自覚する

 

私たちは他人以上に自分のことを知らないとよく表現をされますが、顔つきが変わってしまったり体調を崩してしまったりするのも自分自身から出されていたシグナルを見過ごしてしまったからこそです。

頑張らなければならないときも私たちにはたくさんありますが、同じくらいに自分自身を大切にしてあげる時間を持つように心がけてほしいと思います!

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です