【対策】ダイエット中にお酒は飲んでいい? ~太りにくい飲み方を知ろう~

お酒好きな人にとってダイエット中はお酒をやめたり、控えたりしてストレスになってしまっていませんか?

オンライン飲み会、イベント、歓送迎会に忘年会や新年会とお酒を飲む機会が増えるときは我慢がどんどん辛くなっていきますよね。

今回はお酒好きな人へ向けたダイエット中のお酒の飲み方を見ていきたいと思います。
 

【本日のポイント】
ダイエット中はお酒を飲まない方がベター
・お酒を飲むと肝臓は脂肪を蓄えてしまう

ダイエット中のお酒の飲み方
・お酒を飲むなら蒸留酒を選ぼう
・ビールやワインも少量ならOK

おつまみは糖質が少ないものを選ぼう
・揚げ物や炭水化物は太りやすくなる

 

ダイエット中はお酒を飲まない方がベター

ダイエット中はお酒は飲まない方が早く体重を減らせます。

お酒のカロリーやおつまみのカロリーも当然関係してくるのですが、カロリーと同様に知っておかなければならない肝臓の働きとダイエットの関係についてフォーカスをしていきたいと思います。

 

お酒を飲むと肝臓は脂肪を蓄えてしまう

肝臓がアルコールを分解する臓器だということはみなさん知っていますよね。

他にも肝臓には食べ物の栄養を体が吸収出来る成分にまで分解や合成をする加工をする工場のような役割も担っており、代謝と表現します。

食事の栄養は胃で消化、小腸で吸収、肝臓で加工をして体の隅々へ運ばれていくので肝臓もしっかり労わってあげなければなりませんね。

ほぼ24時間体制で代謝を行っている肝臓ですが、お酒を飲んだ時には優先してアルコール分解を行います。

なぜ代謝よりもアルコール分解が優先されてしまうのかというとアルコールは体にとって有害なものと判断されるからです。

肝臓はアルコール分解を優先させたことで代謝途中のエネルギー(糖質やたんぱく質)を中性脂肪へと変えて体へ蓄えてしまいます。

普通であれば食べ過ぎやカロリーを取り過ぎたときに余ったエネルギーを肝臓が中性脂肪へ変換するはずが、

お酒を飲んだときには代謝が強制的に中断されてアルコール分解を始めます。

代謝を終えていないエネルギーは行き場を失うために中性脂肪へと変わり、

中性脂肪はやがて内臓脂肪や皮下脂肪としてダイエットと健康を阻害する原因となるのです。
 

ダイエット中のお酒の飲み方

お酒を飲むなら蒸留酒を選ぼう

肝臓の仕組みからみてもお酒を飲まない方がダイエットは成功しやすいことがわかりました。

それでもお酒が飲みたいときや付き合いで飲まなければならないこともあるでしょう。

そのようなときには蒸留酒を選んで飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

ウィスキー、焼酎、ウォッカ、ジン、テキーラなどが代表的な蒸留酒になります。

蒸留酒は糖質が少ないのでビールやワインに比べて低カロリーで、肝臓が中性脂肪を作る程度も少量で済みます。

注意点は蒸留酒はアルコール度数が高いので、炭酸割りや水割りなどでアルコール度数を低くしてから飲むようにしましょう。

カロリーを抑えた飲み方はこちらがおすすめです!

自分でウィスキーと炭酸水で作る人も増えていますし、焼酎のハイボールも人気です。

焼酎3:炭酸水7が飲みやすい割合といわれていて、かぼすやレモンを入れてさっぱりと飲むのがおいしい飲み方です♪

 

 

 

 

 

 

 

アルコール度数を下げることで二日酔いを防ぎ、アルコール分解の時間を短くすることができるので結果的に体への負担を減らして太りにくくすることに繋がります。

最近はアルコール分解を促進させるサプリを取り入れる人も増えています。
アルコールによる体の負担を減らし、太らないようにするためにも大切なことです。
(個人的にはサプリを飲んだ時と飲まない時では翌日の体調に違いを感じます)

 

ビールやワインも少量ならOK

醸造酒であるビール、ワイン、日本酒などは糖質が多いので蒸留酒に比べてカロリーが高くなります。

比較表は100mlのために蒸留酒の方がカロリーが高く感じますが、ハイボールの場合に使用するウィスキーの量は30mlで約75kcalになります。

ビールの場合はジョッキを頼むと350ml程度入っているために約140kcalになるので、飲み方や量によっても大きくカロリーが異なります。
 

【蒸留酒のカロリー比較表】100mlあたり
ウィスキー(40度):約225kcal
焼酎(25度)・泡盛:約140kcal
テキーラ(約40度):約230kcal
ブランデー(40度):約225kcal
ウォッカ(40度) :約225kcal
ジン(約40度)  :約264kcal
ラム(約40度)  :約231kcal

 

【醸造酒のカロリー比較表】100mlあたり
ビール :約40kcal
日本酒 :約104kcal
ワイン :約75kcal


このことからビールを飲むなら1杯だけにする、食べる量を減らしてカロリーを抑えるといった工夫を意識して太りにくい飲み方を目指していきましょう。
 

おつまみは糖質が少ないものを選ぼう

肝臓がアルコール分解を優先させてしまうことを考えるとおつまみも糖質が少ないものを選ぶ方が太りにくいと言えます。

サラダや野菜スティックのような糖質の少ないものを食べることをおすすめしたいところですが、食べる専門である私には我慢が出来ません。笑

制限を少しゆるくして、野菜以外では何を食べてもいいのかを考えていきたいと思います。
 

揚げ物や炭水化物は避ける

揚げ物、ご飯ものや麺類などの炭水化物は糖質が多いので出来るだけ避ける方が太るリスクが減ります。

他にも注意したいのが味付けにケチャップ、ソース、めんつゆなど砂糖や油を使っていない調味料を使うことです。

調味料の糖質とカロリーにも意識を向けながら、ゆるい糖質制限メニューでおつまみを選べるとダイエット中にも太らずに飲み会を楽しむことが出来ますよ!
 

【ゆるい糖質制限おつまみ】
塩味の焼き鳥
塩コショウで味付けした赤身のステーキ
塩コショウで味付けした脂身の少ない豚肉ソテー
サラダチキン
スモークハム
焼き魚
刺身・スモークサーモン
ゆで卵
チーズ
豆腐
ナッツ類
こんにゃく・しらたき
海藻類(もずく酢、海苔、ひじき、ワカメなど)
枝豆・納豆は少量ならOK

 

まとめ

ダイエット中のお酒の飲み方について見てきました。

ダイエットの成功を目指すのであればお酒を飲まない方がいいでしょう。

ただし、焼酎やウィスキーだけを飲んでいれば太らないかといえばお酒だけを飲んでいると胃腸や肝臓を傷めてしまうのでおすすめ出来ません。

結果として内臓の機能が下がれば代謝の働きも落ちて太りやすくなってしまいますし、肝臓はアルコール分解をする時にお酒や食事から取った糖質を必要とするのです。

お酒を飲んだ後にラーメンや甘い物が食べたくなるのは肝臓が糖を必要としているからです。

今日のテーマからお酒を飲む頻度、お酒の種類、おつまみの選び方を見直してみる機会にしてみてください。

我慢とご褒美のバランスを取ることがダイエットにはとても重要な考え方ですよ♪
 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です