【ダイエット】食べるときのルールを決めれば痩せやすくなる~目の前のクッキーを食べるか食べないかは自分の性質次第~

毎日ストレス解消のお菓子やご褒美のスイーツが楽しみで痩せるためにもやめたいのにやめられないという人は私も含めて多いと思います。

コンビニスイーツや限定のアイスクリームなど誘惑がたくさんあると我慢をするのが難しいですよね。

しかもストレスを和らげたり、疲れを癒したりするためにも甘いものが欠かせないという気持ちもとてもよくわかります。

今回は痩せたいけれどお菓子やスイーツがやめられない人が知っておくべき食べたい気持ちと理想の自分のバランスの取り方を見ていきたいと思います。

 

【本日のポイント】
自分の気持ちを整理する
・食べたいのか、食べないといられないのかを振り返る
・食べないといられないは改善できる

3つの考え方で食べる時のルールを作る
・おやつを食べて食事をコントロールする
・おやつを食べずに食生活を整える
・おやつを食べた時には食事を調整する

 

自分の気持ちを整理する

お菓子やスイーツを食べながら痩せることは簡単なことではありません。

だからといって諦めるしかないということではなく、ダイエットの目的に合わせて調整をすればいいというポジティブな考え方を持つことが大事なことです。

その中で見直したいポイントは「お菓子を食べたいのか、それとも食べないではいられないのか」
という自分の気持ちを確かめてみてください。

食べたくて食べているのであればお菓子を食べることを習慣として食生活を考える必要があります。

反対に食べないではいられないという気持ちは原因を取り除くことで改善できる問題です。

まずはストレスや疲れの要因を知って原因から離れる・逃げる・やめる・改善する・解決する方法を見つけるようにする必要があります。

 

3つの考え方で食べる時のルールを作る

食べないではいられない状況が少し頑張っただけで変わるのであればお菓子やケーキに必要以上に執着することはないはずです。

解決を目指すにしても間食が習慣となってしまっている人にはやめることは今日明日でできることではないので、3つの方法で習慣を少しずつ変えていくようにしていきましょう。

 

習慣を変えるための食事ルール】
・おやつを食べて食事をコントロールする
・おやつを食べずに食生活を整える
・おやつを食べた時には食事を調整する

 

基準にするポイントはおやつ(間食)を食べることを前提とするかどうかです。

間食をやめたいと思っている人やダイエットが上手くいかない人は食べ過ぎていることを自覚しているのです。

私の場合で考えると3食にプラスアルファでお菓子を食べてしまうので当然食べ過ぎになるわけです。

だからこそおやつを食べたいなら我慢をするのではなくおやつを食べて、他の食事で調整をするようにすることで食べ過ぎたことの後悔やリバウンドの罪悪感を生み出さないようにできます。

バランスの良い食事が大事、3食食べるのが大事といいますがリバウンドや体重が増え続ける方が病気などのリスクも高くなります。

みなさんにとって一番大事なポイントがどこになるのか、特にダイエットに成功することと好きなものを食べて幸せな気持ちになることのどちらが欲しいものなのかを考えてみてください。

 

まとめ

今回はダイエットの目的を見直すというテーマで見てきました。

みなさんはどのような自分になりたいか想像が出来ましたでしょうか。

私はこの振り返りをしたことで本当に痩せたいという気持ちが実は思っているほど強くなかったということに気づいた時がありました。

その時期はダイエットと言いながらも好きなものばかり食べてリバウンドをして後悔するという繰り返しでダイエットをしている意味がないような状態で、今はやっと嫌いな運動や筋トレをしながら少しずつ意識を変えていっているところです。

 

【本日のポイント】
自分の気持ちを整理する
・食べたいのか、食べないといられないのかを振り返る
・食べないといられないは改善できる

3つの考え方で食べる時のルールを作る
・おやつを食べて食事をコントロールする
・おやつを食べずに食生活を整える
・おやつを食べた時には食事を調整する

 

みなさんがなりたい自分になるためにもどうしたいのかという心の声を素直に受け止めて見直してみてくださいね!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です