女性のダイエットは食事に気をつけよう!~1月はおやつの食べ過ぎに注意~

お正月をのんびり過ごすと気になるのがお正月太りですよね。

お正月太りは生活習慣が戻ると大抵の場合体を動かさないでいたところから自然と元の体重に戻るようになります。

しかしここで油断をしてはいけないのが、1月は風水では「土」の時期となりいつも以上に甘い物が食べたくなります。

体重を増やさないようにするための心掛けとして、土の時期はおやつの食べ過ぎに注意をすると太るリスクを防ぐことが出来ます。

今回は女性のダイエットには季節も関係するをテーマに見ていきたいと思います!

 

【本日のポイント】
1月は甘い物を食べたくなる時期
・ストレス
・胃腸の弱り

ダイエット中に甘い物を食べたくなったら

 

1月は甘い物を食べたくなる時期

1月は普段甘い物をあまり食べない人でも甘い物を食べたくなってしまう時期です。

ダイエット中の女性は甘い物を我慢することが多いところを甘い物が無性に食べたくなってしまうので注意が必要になります。

まずは主な2つの原因を見ていきたいと思います。

 

ストレス

土の時期はポジティブな人であっても必要以上に「悩みやすい」「人と自分を比べてしまう」ようになります。

悩んだり、人と比べて落ち込んだりしていると当然ストレスが溜まってきますよね。

大きなストレスは脳や体にとって悪い影響を与えるために甘い物を食べてストレスを減らそうとします。

甘い物が食べたいと強く感じた時にはストレスが多くなっていないかということを見直してみてください。

  

胃腸の弱り

忙しかった年末の疲れやお正月の暴飲暴食などによって胃腸が弱ってしまっています。

胃腸が弱ると消化が良いものやすぐに体のエネルギーになるものがほしくなるようになります。

炭水化物や甘い物によって胃腸の負担を減らしながら早くエネルギーを体中に送ろうとする体の仕組みから甘い物をいつも以上に食べたいと思うようになります。

甘い物が欲しくなった時には胃腸の調子にも目を向けてみてください。

 

ダイエット中に甘い物を食べたくなったら

女性のおすすめなものとしては出来るだけ自然の甘さを感じられるものを選ぶとダイエット中の罪悪感を減らすことが出来ます。

 

【おすすめの甘い物】
・ドライフルーツ(砂糖不使用・油不使用)
・甘栗
・干し芋
・バナナ

  

しかし頭では理解をしていても物足りなさを感じてしまいやすいかもしれません。

そのようなときには思い切って甘い物を食べてしまいましょう!

その時におすすめなのが「和菓子」です。

日本人の体に合う材料を使って作られていることと洋菓子と比べて油を使う量が少ないことも太りにくくする大きな要素です。

甘い物というとケーキやクッキーなどのお菓子に目が行きがちですが、この機会に和菓子も見直してみてはいかがでしょうか。

特に小豆を使ったものがおすすめですので詳しくはこちらをのぞいてみてください!
【対策】甘い物を食べたい!~小豆の効果でダイエットと健康を目指す~

 

まとめ

今回は女性のダイエットは季節にも影響を受けるとして1月(丑月)が人に与える作用を風水の観点から簡単に見てきました。

みなさんにも覚えがあることはありませんか?

私の周りでも普段甘い物を食べない人がチョコレートやアイスクリームを食べているのを目にするので、思っている以上に影響が強いことがわかりました。

 

【本日のポイント】
1月は甘い物を食べたくなる時期
・ストレス
・胃腸の弱り


ダイエット中に甘い物を食べたくなったら

 

我慢も大切ですが食べたい気持ちとのバランスが一番大事です。

無理をし過ぎないで食事と体重の管理をしていけるようにしていきましょう!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です