【厳選6品】ストレスで食べるのをやめられない!~私が試したコンビニで買える間食で間食の質を上げる~

仕事のイライラや疲れでどんどんストレスがたまってきて「何か食べたい!」という衝動に駆られることはありませんか?

ついつい食べてしまう、食べ過ぎてしまう人はたまったストレスを食べることで解消することが多いのではないでしょうか。

イライラしたら気分転換で散歩をする、音楽を聴く、寝るといった方法もあるとは聞きますが、仕事中にそんなことが出来るはずもなく…やっぱり甘い物を食べてしまうという経験が何度もあるかと思います。

今回は間食をやめたいけれど、やめられない人に向けて間食の質を上げることを目的に「間食を選ぶ」をテーマに見ていきたいと思います。

 

【本日のポイント】
間食を減らすのではなく間食の内容を変える

間食の内容を変える具体的な3つのアクション

コンビニで買える間食6選
・チーズ
・ビーフジャーキー
・ナッツ
・高カカオチョコレート
・バナナ
・焼き芋、干し芋

 

間食を減らすのではなく間食の内容を変える

3食しっかりと食べているところにプラスして間食をしてしまっているので、太らないためにも間食をやめた方がいいのは当然ですし私も含めてみなさんもわかっていることです。

しかしやめたいと思って間食をやめられるのならば誰も苦労をしませんし、とっくの昔にやめています。

やめられないことを無理にやめてイライラしたり集中できなくなってしまったりしては仕事でミスをする、周りの人に八つ当たりをするなど悪循環になってしまいかねません。

だからこそ間食をやめるではなく、まずは間食の内容を変えることから試してみませんか?

 

間食の内容を変える具体的な3つのアクション

1.置き換えの間食を買い置きする
イライラや疲れているときは食べたいものを食べたいだけ買ってしまうので買いに行かないように買い置きをしましょう

2.決めた日は買い置きの間食を食べる
3回に1回からでもいいので買い置きの間食を食べるルールを作ると食べたときに罪悪感が無く頑張ることができます

3.置き換えの間食は多く食べてもいい
食べたいお菓子ではなく置き換えの間食を食べた時にはご褒美として多く食べてもいいルールにする(罪悪感少なく食べられるところがプラスポイント!)
ただし、過剰な間食にならないように1種類のみを食べること
私の経験では少しずつ色々食べようとすると結局無限に食べてしまうのでおすすめできません苦笑

 

コンビニで買える間食6選

コンビニで選ぶときに心がけたいのが糖質です。

糖質が悪いということではなく、糖質の多いクッキー・パン・ケーキ・アイスクリームなどみんなが大好きなものは食べ過ぎてしまう、すぐにお腹が空いてしまうといったところが気になるところだからです。

今回は食べ過ぎ防止につながる、腹持ちがいいものを意識して手軽に買えるものを6種類選んでみました。

 

チーズ

不足しやすいたんぱく質も取れて腹持ちもいいのでおすすめです。

糖質制限ダイエットをしている人も積極的に食べている食品ですから間食にも向いていますし、ベビーチーズは1個約50kcalとカロリー計算がしやすいのも大きなメリットです!

コンビニでも違う味のものが常時2~3種類置いてあるので飽きないところもポイントが高いです。

 

コンビニで取り扱いしているところは少ないですが、常温で保存できるレアチーズケーキもあるのでこちらも低カロリーでおすすめです。

プレーン、ストロベリー、ブルーベリーの3種類で139kcal~144kcalなので罪悪感なく甘いものが食べられますね!

 

ビーフジャーキー

噛み応えがあるのでしっかり噛むことで早食い防止になるところが大きなポイント!

糖質も脂質も少なく、肉は消化に時間がかかるので腹持ちもいいのがメリットです。

ただし塩分が多いので水やお茶もしっかりと飲むようにして毎日食べるのは控えるようにしたいですね。

私には高級品ですがテングのビーフジャーキーは国産で肉質がしっかりしていてピリ辛な味がやみつきになるので試してもらいたい一品です。

 

ナッツ

女性の美容と健康にもいいナッツはビタミンEの美肌効果、ミネラルの貧血予防など嬉しい効果がたくさんあります。

ナッツのポリポリという音にはストレスを緩和する効果もあるので間食に向いているといえます。

ただしナッツは良質な油を取ることに繋がりますが、カロリーが高いので小袋になったマルチパックのものを購入すると食べ過ぎ予防になります。

実際に私は通常サイズのミックスナッツを食べ過ぎたことで吹き出物が出来て後悔した経験があります。苦笑

塩分不使用のものを選んで1個ずつしっかりと味わって食べたいですね!

 

高カカオチョコレート

ダイエットの間食といえば高カカオチョコレートというイメージが強いですね。

チョコレートに含まれるトリプトファンがストレスを和らげてくれますのでストレス過食を抑えることができるでしょう。

ポリフェノールによる体の抗酸化作用、冷え性やむくみの改善にも繋がります。

甘いものが好きな人にとってはチョコレートが食べられるということで心の満足感を上げる視覚と味覚の効果もあるので試してみてはいかがでしょうか。

 

バナナ

バナナは1本約85kcalで腹持ちがいい、天然の甘さのみ、カリウムのむくみ改善効果、女性に大切な葉酸も含まれる優良食品です。

コンビニでも売っていて値段も高くないので、健康志向で砂糖や塩分が気になる人にはバナナがおすすめです。

クッキーやアイスクリームなどおやつを食べたのに物足りないと感じてしまったときにはバナナをプラスして食べたい衝動を乗り越えましょう!

 

焼き芋

天然の甘さのみでお腹にたまる間食としてダイエットでも注目されている焼き芋。

食物繊維が豊富なので甘みが強いものでも血糖値の上がり方が緩やかになるところも太りにくいおやつとして見直されているポイントです。

実際に食べる量も関係してはいるものの、おいしい・満足感が高い・お腹が空きにくいの3つの良いところがあると感じました。

ダイエットにも応用したい人は冷やし焼き芋がおすすめですので、気になる人はこちらものぞいてみてください!

干し芋も食べ応えがあって、砂糖を使わずに天然の甘みで満足感が得られる女性にうれしいおやつです。

せっかくこだわるなら国産で無添加のミニパックを選んでみてはいかがでしょうか。

ちょっとした時にも食べられるミニサイズはカバンに入れて持ち歩けておすすめです!

 

 

まとめ

今回はストレスで食べるのをやめられない人へ間食の質を上げて罪悪感を減らすというテーマで見てきました。

クッキー、ケーキにアイスクリームとイライラや疲れに任せてたくさん食べてしまってはいませんか?

特にストレスで食べてしまう時に選ぶものは高カロリーだったり、量が多いものを勢いで食べてしまったりします。

さらに勢いで食べてしまうためにたくさん食べたはずなのに食べ足りないと感じてしまうという大きな落とし穴もあります。

クッキーやアイスクリームを食べないようにするべきだというつもりはありませんが、食べ過ぎたことを後悔するのであれば食べるものを見直すことも考えてみたいですね。

 

【本日のポイント】
間食を減らすのではなく間食の内容を変える

間食の内容を変える具体的な3つのアクション

コンビニで買える間食6選
・チーズ
・ビーフジャーキー
・ナッツ
・高カカオチョコレート
・バナナ
・焼き芋、干し芋

 

私がおやつをやめられないことから試したものですので、少しでもみなさんの参考となればうれしいです!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です