【2021年最新】30代女性の転職のリアル~コロナ禍の転職で注意すべきことは~

最近職場で転職する人が多くいました。

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いている中での30代女性の転職は現実的なのかという疑問を持ったので転職を3回経験した35歳の私なりに調べてみました。

今回はコロナ禍での転職をするときの確認事項と注意すべき3つのポイントをお伝えしたいと思います。

 

【本日のポイント】
正社員で転職するための確認事項
・転職回数
・現在の雇用形態
・スキル

転職で考えておくべき3つのポイント
・仕事を辞めずに転職活動をする
・収入が下がる可能性
・未経験の分野はハードルが高い

 

正社員で転職するための確認事項

ここであえて正社員と書いているのは事務職且つ正社員で就職をするハードルがますます高くなってきているという事実があるからです。

特に事務職ですと産休や育休を取りながら長く働ける環境が整っていることが多いのもあって、営業やサービス業からのキャリアチェンジとして目指す女性も多くいます。

中途入社の場合ですと大手企業を中心に事務職は契約社員、無期雇用派遣社員、派遣社員という正社員ではない働き方での募集が多くなってきているので辛抱強く転職活動をする必要があります。

厳しい状況がある中でも転職が出来ないわけではありませんので、私の例とみなさんの職歴を比較してみてください。

 

転職回数

事務職はルーティンワークや地道に継続をして取り組む業務が多いので転職回数が多いことでも書類通過率は大きく変わります。

企業側から見た場合に転職回数が多かったり、転職した時の仕事内容や分野がバラバラですと「入社してもすぐに辞めてしまうかもしれない」と思われたりする可能性が高くなります。

 

現在の雇用形態

30代女性で契約社員、無期雇用派遣社員、派遣社員から正社員になるのはとてもハードルが高いです。

正社員と他の雇用形態では責任範囲が異なりますので、会社側からすれば正社員という社会的信用が高く経験した業務範囲が広い人の方が即戦力になるために事務職の正社員だった人を求めることになるのです。

 

スキル

資格以外にもどのようなことを経験してきたかも面接で細かく確認されます。

採用や人材育成、給与など経理、株主総会対応、リーダー経験と資格として明確でないものでも経験した業務によっては採用率が上がるので携わった経験があると有利になる可能性が高いです。

 

転職で考えておくべき3つのポイント

不況の中では育成にお金をかける余裕がないので「中途社員=即戦力」となる人を求めているので、応募資格に合致していても書かれていない条件=歓迎する条件が存在します。

応募者が多数いれば即戦力となるためのスキルや経験が書かれている人の方が適していますので書類通過から苦戦をしてしまうことになるのです。

私が経験した事務職の転職で知っておくべき3つのポイントをお伝えします。

 

仕事を辞めずに転職活動をする

仕事を辞めて少し休んでから就職活動に専念したい気持ちがあるとは思いますが、職歴でブランクがあることを気にする企業もあります。

私が実際に面接を受けた企業には仕事への意欲の確認として面接で仕事をしていなかった期間に何をしていたかと聞いてきたところもありました。

さらには本当に長期で働く気が本当にありますかとまで聞かれるほどで面接中に心が折れたことを今でも覚えています。

仕事をしながら転職活動をするのは精神的にも体力的にも時間的にも厳しいのですが、希望の仕事に就くまでに転職活動がどれだけ続くかわからないからこそ仕事をしながら転職活動をすることをおすすめします。

私はコロナ前ですが、半年かかったので転職活動の費用も負担でしたしブランク期間がどんどん長くなっていく不安もあって精神的に辛かった思い出があります。

 

収入が下がる可能性

収入が下がる可能性も考えておく必要があります。

事務職は残業が少なかったり、お休みがしっかりと取れたりというメリットがあることから収入が多くないことあります。

さらに転職は今までのキャリアが全て反映されるわけではありませんので、収入が今までよりも下がる可能性は十分にあることに注意をする必要があります。

 

未経験の分野はハードルが高い

企業は即戦力を求めているからこそ未経験の分野への転職は事務職であってもハードルが高いことがあります。

不動産業界であれば不動産の知識、銀行や保険関連であれば金融の知識がある人の方が当然即戦力になります。

諦める必要はありませんが書類や面接になかなか通過しなくても頑張る気持ちを忘れないようにしてもらいたいと思います。

 

まとめ

30代女性の転職活動のリアルとして転職を始めるにあたっての確認と注意事項をお伝えしてきました。

私が感じたことや経験したことを含めて書いていますので、あまり前向きな内容ではないのですがこのことを知っておけば辛いことがあっても切り替えて臨めるのではないかと思います。

 

【本日のポイント】
正社員で転職するための確認事項
・転職回数
・現在の雇用形態
・スキル

転職で考えておくべき3つのポイント
・仕事を辞めずに転職活動をする
・収入が下がる可能性
・未経験の分野はハードルが高い

 

コロナ禍で自分の働き方を見直す人も多くいると思いますので、その時のヒントになればと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です