【対策】簡単!食べ物で二重あごのたるみ改善

気がついたら二重あごになっているかも…

最近太っていなくても二重あごが悩みだという人が多いのを知っていますか?

私たちの生活の中でスマホやパソコンを使う時間が長いと常に下を向いていたり、姿勢が悪くなったりと二重あごになりやすい原因と常に隣り合わせなのです。

簡単な対策であごのたるみをスッキリなおすために食生活から改善をしていきましょう!
 

【本日のポイント】
二重あごの主な原因となる3つの習慣!
1.姿勢が悪い
2.よく噛まずに食べる
3.無表情

二重あごを食生活で改善!
1.よく噛んで食べる
2.かみ応えのあるものを食べる
3.食材を大きめに切る

 

痩せていても二重あごになる理由

普段の生活に二重あごになるリスクが

姿勢が悪い

猫背になっていませんか?

姿勢が悪いことによってあご周りの筋肉が使われなくなっていきます。

筋力が弱くなるとあごの周辺の皮ふがたるむ・脂肪がつきやすくなる・むくみやすくなるなど二重あごになる原因が次々に出てきてしまいます。

どれも私にとって覚えがあることばかりです…苦笑

姿勢を正すと首・あご周りの筋肉を自然と使うようになりますので二重あごを改善することができます。

長時間スマートフォンやパソコンを使うときには姿勢に注意するようにしてください。
 

よく噛まずに食べる

私たちの食事にはやわらかいものが多いです

食事をよく噛まずに食べるとあごの筋肉がだんだんと弱っていきます。

しかし私たちが好む食事はカレーやラーメンなどやわらかい食べ物がとても多いです。

早食いを予防するためにもよく噛んで食べる・噛み応えのあるものを食べることを心がけるといいでしょう。
 

無表情

無表情だと頬やあごのたるみが気になってくる

マスクをつける習慣がついたことで無表情でいることや話す機会が減っていませんか?

しゃべることで舌の筋肉を鍛えることになり、表情豊かにすることで頬の筋肉を鍛えることになり顔全体の筋肉をキープすることになります。

顔全体の筋肉をしっかり動かすことで二重あごを予防することになります。
 

二重あごを食生活で改善する

一番簡単な二重あごをなくす方法は「食事であごを使うこと」です。

あごを引き締めて二重あごを解消する3つの食生活を見ていきましょう!
 

よく噛んで食べる

よく噛んで食べるとあごの筋肉を使うので、たるみやあごに脂肪がつくことを防ぐことができます。

一口で30回噛む

いつもよりも5回多く噛んで食べるなど

小さな習慣として心がけるといいでしょう。

早食い・食べ過ぎ防止にもなるのでダイエットとしても効果的です。
 

噛み応えがある食べ物を食べる

噛み応えがある食べ物を食べてあごの筋トレをしましょう。

ガムやスルメ、おしゃぶりこんぶなどが噛み応えがあるものとして思い浮かびますが、他にもたくさんあります。

二重あごをスッキリ消す方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。

私のおすすめは野菜スティックで、理由としてはビタミン・ミネラルをとれるからです。

二重あごに効くだけではなく美肌も一緒に目指せますよ!
 

【食べ応えのある食べ物】
・牛肉・豚肉・ホルモン
・イカ・タコ・貝類
・りんご・梨
・野菜スティック
・ナッツ・煎り大豆
・フランスパン・プレッツェル
 など

 

食材を大きめに切る

食材を大きめに切るのも効果があります。

飲みこむまでの噛む回数が自然と増えるのであごをしっかり使うようになります。

さらに食材を少し固めにゆでる、焼く、蒸すことで食べたときの噛む回数が増えるのであごの運動として簡単でおすすめの調理方法です。
 

まとめ

二重あごの改善として食生活を通じた簡単な対策をお伝えしました。

みなさんは姿勢が悪い、早食いなどの悪い習慣が身についてしまっていませんか?

二重あごが気になったらまずは原因を探して直すことを知ることが大切です。
 

【本日のポイント】
二重あごの主な原因となる3つの習慣!
1.姿勢が悪い
2.よく噛まずに食べる
3.無表情

二重あごを食生活で改善!
1.よく噛んで食べる
2.かみ応えのあるものを食べる
3.食材を大きめに切る


一番身近な食事から対策をしていきましょう! 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です