ダイエット中でもラーメンを食べたい! ラーメンとの付き合い方

毎日食べることは出来なくてもダイエットのご褒美に、ダイエットの休憩に食べたくなるラーメン!

ダイエット中に食べてはいけないものというイメージがとても強いのですが、みなさんはどうしていますか?

私もラーメンに限らずダイエット中は食べたいものをひたすらに我慢をしていますが、結局食べてしまって後悔してばかりです…

今回はダイエット中にラーメンを食べたくなったらどうすればいいのかを考えていきたいと思います!
 

【本日のポイント】
ダイエット中にラーメンを食べるときに気をつけたいこと

1.ラーメンを食べる頻度を減らす
ラーメンをよく食べる人は回数を減らしてカロリーカットをしよう

2.食べるラーメンの種類を変える
こってり系が好きな人はあっさり系に変えてカロリーカットをしよう

3.ラーメンの中身を変える
麺を野菜や低カロリーの食材へ変えてカロリーカットをしよう

ダイエット向きのラーメンはあるのか

味・種類

塩ラーメンや醤油ラーメンのようなあっさり系で脂をあまり使用していないものがおすすめです。

担々麺や豚骨などは脂が多いのでスープを控えたとしても麺やチャーシューなどの具に絡まった濃厚なスープでカロリーを取ってしまうでしょう。
 

食べ合わせ

塩タンメンやちゃんぽんですと野菜をたくさん食べるので麺の量が少なくても満足できますし、スープもカロリーが低い方になります。

激辛ラーメンなどの辛いラーメンは唐辛子の成分で痩せるといわれていますが、唐辛子の辛みや香りを引き出すために油をたくさん使っているので低カロリーにはならない点だけ注意が必要です。

しかし背脂を使ったこってりしたものよりはカロリーを抑えていると言えるでしょう。
 

ダイエット中のラーメンで気をつけたいこと

昼食に食べる

昼は活動時間であるために夜と比べるとカロリーの消費が見込めるのでラーメンを食べる場合はランチで食べることをおすすめします。

朝からラーメンを食べられる人は朝食として食べても構いませんが、昼食もしっかり食べたいのであればダイエット中は控えた方が無難でしょう。

夜に食べるなら麺の量を半分に減らす、塩ラーメンや醤油ラーメンなど味があっさりとしたものにするように意識してください。
 

食べる前に一呼吸おく

お腹が空いているとどうしてもたくさん食べたくなってしまいます。

ラーメンと餃子の定食やラーメンとチャーハンのセットはとても魅力的ですが、食べ過ぎてしまわないように意識をしてください。

私の場合はラーメンに限らず、食べた後に「食べ過ぎちゃったな…」と思った時には次の食事を少量にするまたは食べないようにします。

しかし食べ過ぎてしまったなと思う回数が少ない方がダイエットには大切なことですので、我慢をするポイントを食べる前にしっかりと決めておくようにしましょう!
 

夜中にラーメンを食べてしまったら

ラーメンを食べるタイミングとして良くないことはみなさんわかっていることでしょう。

しかし深夜に食べたからといってすぐに太るわけではありません。

帳消しになるわけではありませんが、食後に脂肪の吸収を抑える効果がある飲み物で少しでもダイエットが無駄にならないようにしてみてはいかがでしょうか。

ここでは特定保健用食品に認定されている2品をご紹介します。
どちらも体内での脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあるので食事中または食べた後に飲むと効果的です。
 

からだすこやか茶W

出典:からだすこやか茶W 日本コカ·コーラ株式会社

サントリー 黒烏龍茶

出典:サントリー 黒烏龍茶 サントリーホールディングス株式会社

カロリー対決 ラーメン VS ○○

ラーメンは高カロリーと言われていますが実際はどうなのかが気になりますよね。

ダイエット中でもダメと言われたり、禁止と書かれていると余計に食べたくなってしまうものですから何か方法がないかと探りたくなります。

ラーメン以外にもダイエット中に我慢をする食べ物はたくさんあります。
その中で人気メニューとのカロリー比較をしてみたいと思います。

塩ラーメンなのか、味噌ラーメンなのか
幸楽苑や日高屋のようなあっさり系なのか
天下一品や二郎系のようにこってり系なのか
のように味・種類・量でもカロリーは変わってきますので厳密なカロリー比較は難しいのですが参考にしてみてください。

ただし、ラーメンの場合はスープでラーメン1杯の半分のカロリーを占める場合が多いので残すことを前提にしてくださいね!
 

ラーメン VS 寿司

ラーメンと同じくらいのカロリーまたはラーメンよりもカロリーが低くなるでしょう。

しかしお寿司は1つが小さくて食べやすいこととネタを変えるとついつい食べ過ぎてしまうので油断するとラーメンよりもカロリーを取り過ぎてしまうかもしれません。

特にトロなど脂がのったネタが好きな人やおつまみで酒が進んでしまう人は危険信号です

ラーメン VS うどん・そば・そうめん

かけうどんやかけそばだけで考えるとうどんとそばの方が低カロリーです。

しかし鍋焼きうどん、天ぷらそばなどのようにトッピングを増やしてしまうとラーメンと大差はなくなります。

そうめんの場合は細麺で食べやすく、のどごしがよいことから食べ過ぎてしまうリスクがあります。

茹でたそうめんとうどんと比較した時にもそうめんの方が原材料に油が使われているために高カロリーになるので、そうめんもラーメンとカロリーの差があまりない可能性があります。
 

ラーメン VS 人気ご飯もの

牛丼:大手牛丼チェーンの並盛はラーメンと同カロリーか高カロリーです

トッピングの追加や大盛にした場合はラーメンよりもさらに高カロリーになるので注意しましょう

チャーハン:お米がパラパラのチャーハンは油を多く使用しているのでお茶椀1杯よりも多い場合にはラーメンよりも高カロリーになる可能性が高いです

カレー:カレールーにはおいしさをアップさせるためにバターや油を多く使用しているために普通盛りであってもラーメンよりも高カロリーです

ただし、スープカレーの場合はカレーにほとんど油が使われていないのでラーメンよりも低カロリーになるでしょう 

ラーメン VS ファストフード

ピザ:注文したピザを1枚全部食べた場合はピザの方が圧倒的に高カロリーです
1/2程度であればラーメンと同じくらいになるでしょう

パスタ:トマトソースやクリーム系など食べ応えがある味になるとラーメンよりも高カロリーになります

パスタは食べやすさから食べ過ぎてしまいやすいのでカロリーオーバーにならないように注意が必要です

ハンバーガー:ハンバーガー単品であればラーメンよりもカロリーが低い可能性が高いですが、ハンバーガーの大きさが大きいものやサイドメニューによってはすぐにラーメンよりも高カロリーになってしまいます

 

ラーメン VS 焼肉

焼肉の場合は食べる量と脂が多い部位を食べるかどうかで大きく変わってきます。

肉だけでお腹いっぱいにしようと思うとたくさん食べる必要があるのでカロリーを多く取ることになりますし、カルビやロースなどの脂が多い肉を食べればやはり高カロリーなのでラーメンの方がカロリーが低くなる可能性は非常に高いです。

ご飯を頼むだけでもラーメンの半分近くのカロリーになるので、その点も注意が必要です。
 

ラーメンのおすすめトッピング

ご飯や半チャーハン、餃子を一緒に頼んで満腹にしようとするのは控えた方がよいでしょう。

食べる量に満足ができないのであれば、追加をして野菜たっぷりにするなどトッピングで調整をするようにしてみてください。

他にもわかめや海苔などの海藻類をトッピングすることで体が脂肪を溜め込む働きを抑えることができるのでおすすめです。

 

麺や具の代わりになる食材でカロリーカット

カロリーオフのために麺の代用として野菜や低カロリー食品を活用する方法もあります。

どのようなものが効果があるのかを見ていきましょう。
 

【麺の代用におすすめの食材】
①えのき:カロリーが0で食物繊維で脂肪の蓄積を抑えます

②キャベツ:コスパがよくて満足できる量を食べることができて消化を促進する効果があります

③もやし:ラーメン屋で麺の代わりにもやしラーメンを頼む人もいるように低カロリーかつ生活習慣病予防や疲労回復効果とメリットがたくさんあります

④こんにゃく:こんひゃくは100gあたり5kcalと非常に低カロリーな食品で、中華麺の代わりにこんにゃく麺でカロリーオフをする人も多くいます

ただし、こんにゃく麺には麺の食感を生み出すために少量の油やもち粉を使用しているためにこんにゃくよりも少しカロリーが増えますが、ダイエット中にはとても強い味方です

⑤しらたき:こんにゃくを糸状にしたものですので、こんにゃく麺と比較するとこんにゃく麺よりもさらにカロリーカットをすることができます

⑥春雨:イモ類または豆類のでんぷんから作られているために①~⑤と比べるとカロリーが高いので注意が必要です

しかし茹でた春雨とうどんを比べた場合ではカロリーが1/2程度になるために麺の代用としての効果はあるといえるでしょう。


お店でスープだけで頼む、麺なしで野菜の具だけを食べる人もいるかもしれません。

しかしラーメンの値段が変わらないのであれば、家で市販のインスタントラーメンを作るときの麺の代わりに低カロリーの食材を使うと費用も抑えられてカロリーカットの効果が見込めます。

クックパッドなどで代用食材を使ったレシピや簡単な作り方もたくさん載っているので参考にすると我慢の反動でラーメンを食べた後に罪悪感を持つことも少なくなるでしょう。
 

まとめ

ダイエット中にラーメンを食べたくなったらという視点で見てきました。

みなさんが他にもカロリーが気になるものとしては、他にもつけ麺があると思います。

つけ汁は麺にからみやすいこってりとしたスープになっているのでご飯を入れて食べてしまうとラーメンよりも高カロリーになる可能性があります。

ラーメン好きな人は週一かそれ以上にラーメンを食べる機会があることでしょうから、ポイントを見直すようにしましょう。

【本日のポイント】
ダイエット中にラーメンを食べるときに気をつけたいこと

1.ラーメンを食べる頻度を減らす
ラーメンをよく食べる人は回数を減らしてカロリーカットをしよう

2.食べるラーメンの種類を変える
こってり系が好きな人はあっさり系に変えてカロリーカットをしよう

3.ラーメンの中身を変える
麺を野菜や低カロリーの食材へ変えてカロリーカットをしよう


ラーメンはダイエットの敵と思われていますが、工夫をすることで絶対に我慢をしなければならない食事だということではありません。

上手にダイエットと食べたいものとのバランスを取っていくようにしましょう♪

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です