一人暮らしの食生活を改善 〜自炊を楽にする調味料4点(中華編)〜

一人暮らしではあまり作る機会がない中華料理ですが、仕事が忙しかったり疲れていたりしたら自炊で作ることはほとんどないのではないでしょうか。

自炊した方が節約になることはもちろん、中華は自分で作ると油分をカットして同じメニューでもヘルシーに作ることが出来るって知っていましたか?

今回は自炊から足が遠のいている人、自炊を始めようと思っている人に向けて4つの調味料で出来る中華を見ていきましょう。

中華のポイントは調味料でしっかりと味付けをするのが基本です。
 

【中華作りが楽になる調味料4点】
1.鶏がらスープの素
2.オイスターソース
3.豆板醤
4.ごま油

 

洋食作りを手軽にする調味料4点

1.鶏がらスープの素

出典:丸鶏がらスープ 55g瓶 味の素株式会社

あっさりとしているのにコクがある深い味わいの本格鶏がらスープの素です。
スープや炒めものなど中華の深みを出すために重宝します。
  

2.オイスターソース

出典:オイスターソース キッコーマン株式会社

コク深い牡蠣のうま味が特徴のオイスターソースです。

焼きそば、野菜炒めや青椒肉絲などの炒めものの仕上げに加えるだけで本格的な中華料理の風味が出ます。
 

3.豆板醤

出典:李錦記 豆板醤90g
エスビー食品株式会社

麻婆豆腐や炒め物、煮物料理などの辛み付けに本格豆板醤です。
中華料理特有の香味と唐辛子の辛み、うま味を簡単に作り出すことが出来ます。
  

4.ごま油

出典:金印純正ごま油 150g かどや製油株式会社

良質のごまを香ばしく煎り上げて搾ったごま油です。
風味が強く、ごま特有の芳醇な香味づけが料理の味を引き立てます。
 

調味料4つで出来る中華

使用する順番は鶏がらスープの素、オイスターソース、豆板醤、ごま油の順番です。

調理の最後にごま油を少量追加することでごま油特有の風味を損なわずに料理を仕上げることが出来ます。
 

麻婆料理

鶏がらスープの素と豆板醤で麻婆豆腐のベースになります。
中華の調味料ではありませんが醤油で味を整えて、水溶き片栗粉でとろみをつけると味もまとまります。

しっかりめの味付けにすればごはんにかけるだけで麻婆豆腐丼、麻婆茄子丼になります。
 

スープ

鶏がらスープの素はチャーハンの味付けにも使える中華における万能調味料です。

鶏がらスープの素とごま油を使用して春雨スープ、かきたまスープや酸辣湯スープも酢があれば作ることが出来ます。
 

フライパン調理

餃子はオイスターソースとごま油と醤油で具の味付けが出来ます。

青菜や豆苗の塩炒めは鶏がらスープの素とごま油で時短メニューの出来上がりです。

イカや牡蠣などの海鮮系炒め物はオイスターソースとの相性がいいのでおすすめです。
豆腐や野菜を加えて栄養バランスも良くなるようにしたいですね。
 

まとめ

うま味を足すとシンプルな具材でもおいしくなる

中華料理のイメージは様々な種類の調味料が必要で作ることを敬遠してしまいがちですが、4つの調味料を揃えれば家庭で作れる定番メニューは押さえることが出来ます。

冒頭でお伝えした自炊で中華料理を作るとヘルシーになる理由はこの2点です。
1.油通しなどの下処理をしない
2.油をたくさん使用した調理をしない


野菜の色をきれいにする、食材のうま味を閉じ込める、油を多く使っておいしさをプラスするなど油を使った下処理や油を多く使った調理を省くだけでヘルシーになる点も食生活の改善に繋がります。

【中華作りが楽になる調味料4点】
1.鶏がらスープの素
2.オイスターソース
3.豆板醤
4.ごま油

一人暮らしの人で自分のレパートリーには無かった中華料理をこの機会にチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

自炊をすることで食生活を見直し、改善するためのヒントが自然と見つかるかもしれませんよ♪

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です