ダイエットでお酒がやめられない時の対策 ~おつまみも選ぼう~

ダイエットで多い悩みとしてよく聞くのがお酒を飲むことが好きで毎日飲んでいるお酒をやめられないことです。

ダイエットを頑張りたいけれど、一日の疲れを取るこの幸せな時間がないと仕事や家事を頑張れないという人も多いでしょう。

ダイエットのためにはお酒も控えることが出来る方が成果が早く出るとは思いますが、我慢をした後の反動で暴飲暴食をする方が逆効果になる可能性もあります。

成果が出るまでに時間がかかるかもしれませんが、 お酒の飲み方とおつまみの食べ方でカロリーコントロールの意識をつけていきましょう。
 

お酒の飲み方と選び方

お酒の飲み方と選び方でカロリーコントロールをしていきましょう。

好きなものを好きなだけ飲んでいいわけではありませんのでダイエット中であることを意識してください。
 

炭酸は食欲を刺激する

炭酸によって胃の働きが活発になり、脳が食欲増進を促す指令を送ります。

お酒だけではなく、おつまみも進むことになってしまうのでビールやハイボールなど炭酸のアルコール飲料を飲む時は食べ過ぎ、飲み過ぎに気をつけましょう。
 

時間をかけて飲むお酒を選ぶ

炭酸のアルコール飲料はのどごしも良く飲みやすいものが多いので酒量が増えやすい傾向があります。

日本酒やワインなどゆっくり飲むお酒を選ぶことで酒量を抑えることが出来ます。

また、炭酸は口の中に残るおつまみの油を流してくれる作用もあるので揚げ物やこってりしたものもおいしく食べ続けることが出来ます。

ハイボールをウィスキーの水割りやロックに変えるとおつまみもあっさりしたものに変わってくる場合もあるのではないでしょうか。
 

甘いお酒を飲むならデザートを食べない

お酒を飲むと甘い物を食べたくなったことはありませんか?

お酒を飲んだ後にデザートやラーメンを食べたくなるのは体がアルコール分解をするための糖分を必要としているからです。

最後にアイスクリームを食べたくなる気持ちはわかりますが、甘いお酒は糖分が多いのでデザートも食べてしまうとカロリーを摂り過ぎてしまいます。

ダイエット中なので少しだけ我慢をするようにしましょう。
 

おつまみの選び方

お酒以上におつまみの選び方がカロリーコントロールには重要です。

食べ過ぎは当然注意しなければなりませんが、我慢ばかりにならないように確認していきましょう。
 

締めのラーメンを止める

先述と同様にお酒を飲むとアルコール分解のために甘い物や炭水化物を食べたくなります。

お酒もおつまみも食べた後で締めのラーメンを食べるのはカロリーオーバーですし、遅い時間にたくさん食べると太りやすくなることは言うまでもありません。

ダイエットを優先で考えた場合、締めのラーメンを食べないようにおつまみだけではなくご飯ものなどお腹にたまるものも食べるようにしてラーメン屋さんへ行かなくても十分になるようにしましょう。
 

同じようなメニューを頼まない

ハイボールを頼むと唐揚げ、フライドポテトと一緒のイメージがありませんか?

同様にビールの場合は餃子、焼き鳥やソーセージと一緒のイメージがあると思います。

相性がいいこともありますが、おつまみは脂肪分が多い物がたくさんありますので枝豆、サラダなどを取り入れて揚げ物だらけ肉料理だらけということにならないように気をつけましょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ダイエットでお酒を飲むときに気をつけたいことを確認してきました。

ダイエットの本気度合いによってもカロリーコントロールを厳しくする必要があるかとは思いますが、初級編として実践をしてみてください。

本日のポイントをおさらいします。
 

【ダイエット中のお酒で気をつけたいポイント】
1.炭酸は食欲を刺激するので気をつける
2.ゆっくり飲むお酒を選ぶ
3.甘いお酒を飲むならデザートを食べない

おつまみの選び方
1.締めのラーメンを止める
2.同じようなメニューを頼まない


ダイエット中なので我慢をする必要もありますが、今回の内容を参考に上手に我慢をする方法を見つけるようにしていきましょう♪
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です