【30代女性のダイエット】満腹感がないと悩む人へストレス過食を止めるヒント~食べ物で心と体の満足をサポートする~

ヘルシーな食事、糖質制限ダイエットを頑張る人ほど実は食べても満腹感が無かったり、食べられないストレスが溜まってしまったりしてしまうことがあります。

食事の管理をする、ダイエットをするとなると我慢やストレスが大きいものですが満腹感や満足感をどうやったら得られるのかという体の仕組みを知っておくと食べ過ぎやストレス過食を防ぐことに繋がります。

今回は満腹感と心の満足感との関係を知ってダイエットに生かすをテーマに見ていきたいと思います。

 

【本日のポイント】
満腹感と満足感は一緒ではない
・心と体が満たされなければ意味がない

満腹感と満足感を得るために食べる食べ物
・お腹がいっぱいになればいいわけではない
・何を食べるかが重要

 

満腹感と満足感は一緒ではない

心と体が満たされなければせっかく食べても満足感を得られるわけではありません。

食べ物にこだわりがないから何でもいいとか、痩せるためにお腹が空いたらひたすら水を飲んで我慢をする人もいますが、満腹感はあっても満足感があるわけではありません。

満足感を得られない状態が長く続けば続くほどに心が不安定になっていってしまい、過食症や拒食症に繋がっていってしまう可能性もあるのです。

反対に満足感を得る方法がわかれば必ずしもたくさん食べないと満足できないという状態から変えることができるのです。

30代女性でダイエットをしたい、太りたくないと思っている人にとって重要な考え方は「満足感を活用する方法」を知ることだといえるでしょう。

 

満腹感と満足感を得るために食べる食べ物

何を食べるかが重要でとにかくお腹がいっぱいになればいいわけではないことがわかりましたので、脳の仕組みと食べ物の関係を確認していきましょう。

脳には満腹中枢がありお腹がいっぱいになったことを認識する重要な役割を担う神経があります。

満腹中枢は摂食中枢という脳のエネルギーである糖分のコントロールをする不可欠な役割を担う神経から「脳が必要な糖分を十分に取った」という指令が出されたことによってやっとお腹がいっぱいになったと認識するのです。

ストレスが溜まってくるとお腹が空いていないのに無性に何かを食べたくなる、お腹がいっぱいなはずなのに何か食べていないと落ち着かないということがある人は摂食中枢の機能が働かずに満腹中枢への指令が止まってしまっている状態になっているのです。

プレッシャーなどで心に大きな不安を抱えている、ショックな出来事があって心にダメージがある場合も食べていないと精神的に不安定になることがあります。

この満腹中枢と摂食中枢がどちらも正常に働いていて、必要な栄養を食事から取っていることがダイエットに繋がり、太らない食生活であるといえるのです。

具体的に何を食べればいいのかというと「糖質」です。

 

【主な糖質】
・ご飯(白米、玄米、もち麦、発芽玄米、雑穀全般)
・パン(食パン、ブランパン、ライ麦パン、米粉パン etc.)
・麺類全般
・イモ類、根菜類
・果物全般
・和菓子、洋菓子などお菓子全般
・砂糖、お酒 など

 

フルーツやおやつを食べる時にテンションが上がるのは脳の仕組みとして当然のことですので、必要以上に糖質制限をしてしまうと心が不安定になったり過食に走ってしまいやすくなってしまったりしてしまいます。

甘い物が欲しくなる、菓子パンが無性に食べたくなるという時には食べて終わりにしないで心の声に耳を傾けてあげてくださいね。

甘い物が食べたくなった時は体にいい小豆を!こちらものぞいてみてください!

 

まとめ

今回は食べても満足感が得られない原因についてみてきました。

食べても食べても物足りない、甘い物が欠かせないといった状態が続いて悩んでいる場合には不安なことや精神的なショックが関係している可能性があります。

悩みの大きさは感じるみなさん自身によって様々ですので、小さなことに悩んでる自分を嫌いになったりいつも不安なことがあることをネガティブに捉え過ぎないようにしたりすることが解決への一歩です。

 

【本日のポイント】
満腹感と満足感は一緒ではない
・心と体が満たされなければ意味がない

満腹感と満足感を得るために食べる食べ物
・お腹がいっぱいになればいいわけではない
・何を食べるかが重要

 

食事を通じてみなさん自身の心と体の調子を知るためにも食べることの大切さを改めて考える機会にしてもらえたら嬉しいです!

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です