【美容】ピスタチオで美肌と健康になろう!~食べ過ぎないようにすれば女性の強い味方になる~

低糖質や美容に良いとしてナッツに高い注目が集まっています。

その中でも人気が急上昇しているナッツがピスタチオです。

ナッツの女王、緑の宝石と呼ばれるほどナッツの中でも栄養価が高いことときれいな緑色がSNS映えすることからお菓子やケーキ、アイスクリームなど様々な商品で見るようになりました。

最近ではピノピスタチオ味が話題になるほど見た目だけではなく、おいしさも注目されています。

今回はピスタチオの栄養と健康について見ていきたいと思います。

 

【本日のポイント】
女性に嬉しいピスタチオの栄養
・ナッツの中でも低GIの優良食品
・食べ過ぎ注意のピスタチオの魅力

 

女性に嬉しいピスタチオの栄養

ピスタチオグリーンと呼ばれる淡くてきれいな緑色が特徴のピスタチオ。

塩味のおつまみナッツというイメージが強かったのですが、数年でスイーツやお菓子などにも使用されてきたために身近なナッツになりました。

みなさんにはジェラートやケーキのピスタチオ味は食べたことがあるけれど、ピスタチオをそのままで食べたことがない人の方が今は多いかもしれません。

今回は美容や健康に興味がある人に向けて女性に嬉しいピスタチオの栄養をお伝えしていきます。

 

ナッツの中でも低GIの優良食品

ピスタチオは良質な脂質を持ち、糖がゆっくりと体に吸収されていきますので糖質制限をしている人におすすめのナッツです。

ナッツの中でも割高ですが、アーモンドやくるみなどのナッツが持つ香りや味とは違ってピスタチオ特有の香りと濃い味が特徴で食べ過ぎてしまうくらいにハマる人も多いナッツです。

 

【ナッツの栄養比較】
ピスタチオ  (100gあたり) 615kcal GI値 18
くるみ    (100gあたり) 675kcal GI値 18
マカダミア  (100gあたり) 720kcal GI値 27
アーモンド  (100gあたり) 608kcal GI値 30
カシューナッツ(100gあたり) 576kcal GI値 34

 

健康のために体にいい油を取ることを意識している人も多いと思いますので、おやつにピスタチオを選ぶと質が高い油で体質改善を目指すことが出来るのではないでしょうか。

低GI食品についてはこちらものぞいてみてください!

 

食べ過ぎ注意のピスタチオの魅力

ピスタチオには女性に嬉しい栄養がたくさん含まれています。

美肌や健康を目指している人は1日25gまでを目安で食べると女性にとって不足しやすい栄養を補うことに繋がると言えるでしょう。

ナッツは食べやすいからこそ食べ過ぎたり、カロリーを取り過ぎたりしてしまうこともありますので食べるタイミングにも意識をしていきたいですね。

 

【ピスタチオの栄養】
オレイン酸:心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の予防
リノール酸:心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の予防
ビタミンB2:皮ふや粘膜の健康を維持、糖質や脂質やタンパク質の代謝を助ける
ビタミンB6:タンパク質の代謝を助ける、精神の安定
βカロチン:抗酸化作用、血行改善、美肌効果
ビタミンE:抗酸化作用、血行改善、美肌効果
ルテイン:紫外線を吸収してくれる
ゼアキサンチン:眼病予防
鉄:貧血予防
カリウム:むくみ予防、体内の水分量や塩分量を調節する
食物繊維:便秘解消

 

 

 

まとめ

スイーツやアイスクリームで人気のピスタチオを栄養の視点から見てきました。

私自身、間食は食べたいものを食べたい時に食べていた20代から健康や美容のために食べるものを選ぶようになってきた30代の方が体の調子が良くなったように感じます。

お菓子を食べることとナッツを食べることで健康や体調に大きな違いが出るかということになると目に見える違いはないかもしれません。

しかし小さな積み重ねがいつか変わったと思える瞬間がみなさんにきっと起こります。

 

【本日のポイント】
女性に嬉しいピスタチオの栄養
・ナッツの中でも低GIの優良食品
・食べ過ぎ注意のピスタチオの魅力

 

食べるものがみなさんの健康を作っていくことを改めて意識する機会にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です