簡単に出来るフードロス対策とは

今回は最近耳にする機会が増えた「フードロス」について考え、自分で出来ることから始めて社会貢献をしていきましょう!

食事やダイエットに関心を持っているみなさんだからこそフードロスとは何だろう、フードロスの削減は何をすればいいのだろうということを一度考えてみる機会にして見てもらいたいと思います。

 

【本日のポイント】
フードロスとは何のこと

今日から出来るフードロス対策
・食べ残しをしない
・食材を無駄にしない

 

フードロスとは何のこと

フードロスは食品の廃棄を意味しており、環境問題やSDGs(持続可能な開発目標)の観点からも注目されている問題です。

お店が設定した賞味期限切れによって食べられる食材や料理、注文のキャンセルで余った食材などの「食べられることなく廃棄されてしまうもの」があります。

もう1種類は私たちが食べ残した料理、家で腐らせた食材など私たち自身が生み出す「捨てられる食べ物」があります。

日本では全国民が毎日茶碗1杯分のフードロスを生み出している状態といわれており、食品を廃棄するためにも数千億円の税金が使われているのです。

フードロス問題を削減するためには今日からみんなで出来る取り組みをすることで社会貢献、税金削減に繋げることになるのです。

 

今日から出来るフードロス対策

何千億円もの税金を使ってご飯やパンを廃棄をしているとなるととても「もったいないな」という気分になりませんか?

毎日食費を一生懸命節約しているはずが野菜を腐らせてしまったり、牛乳の賞味期限が切れてしまっていたりと一人暮らしだともったいないことをしてしまったという経験も多いはずです。

すごいことが出来るわけではなくても私たちが今日から意識を持ってフードロスを削減しよう、フードロスの取り組みを支援しようとすることが改善への第一歩となります。

 

食べ残しをしない

食べ残しをしないことが簡単ながらフードロスを減らす大きな解決策になります。

特に外食で多いのがダイエット中だからと頼んだ料理を残したり、嫌いなものがあるから残したりするケースです。

難しい場合もあるかもしれませんが、注文する時に「食事の量を減らしてもらう」「嫌いなものを抜いてもらう」といった方法で食べ残しを減らすようにしましょう。

 

食材を無駄にしない

食材を使う分だけ買う、冷凍庫を活用するといった対策で食材を腐らせてしまったり賞味期限切れになってしまったりして食材を無駄にすることが無いように意識をしましょう。

一人暮らしですと野菜や米などを使い切れずに捨てることになりやすいので保存や保管の工夫をして家から出すフードロスを減らすようにしていきたいですね。

 

まとめ

今回は簡単に出来るフードロスについて見てきました。

他にもフードロス支援や生産者の応援として食材を生産者から買うという取り組みも広まっていっています。

新型コロナウィルスの影響で市場に出ることなく廃棄になってしまっている食べ物もたくさんあるといわれていますので、旅行や外食が出来ない分を通販で購入するフードロスの応援プロジェクトに参加してみるのもいいかもしれませんね。

 

【本日のポイント】
フードロスとは何のこと

今日から出来るフードロス対策
・食べ残しをしない
・食材を無駄にしない

 

私たちの健康を作る毎日の食事を大切する意識を改めて持つ機会になってくれれば嬉しいです。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です