地産地消の取り組みで健康を目指す~旅行・外食で社会貢献する~

みなさんと同じようにダイエットや健康に意識を向けると食材そのものや栄養についても段々と知識が増えたり、調べてみたりするようになります。

せっかく食べるのだからおいしい方がいい、栄養価が高い方がいいという気持ちにもなってきます。

その中で今回注目をしたのが「地産地消」です。

Go to travel や Go to eat キャンペーンを活用しながら、今回は食べ物と栄養の関係について見ていきたいと思います。
 

【本日のポイント】
地産地消への取り組みに参加して健康になろう!

お取り寄せではなく現地に行くことが最大のメリット!
・一番栄養価が高い状態で食べられる
・リフレッシュすることも大切

まとめ
心と体のエネルギー補充で元気になろう!

 

地産地消への取り組みに参加して健康になろう!

野菜、魚介類、肉、米などほとんどの食材は新鮮なものの方が栄養がたくさん詰まっています。

同じものを食べる場合でも栄養が豊富な食材をたくさん使った食事の方が健康にも、ダイエットにも良いことになります。

地産地消とは食べ物に限らず「地元で生産されたものを地元で消費する」という取り組みを意味します。

私にも出来る地域への経済貢献にも繋がると同時に産地のおいしいものをよりおいしく食べることが出来ることからもGo to travel や Go to eat キャンペーンを通じて地元のおいしいものを食べながら健康を目指していってはいかがでしょうか。

 

お取り寄せではなく現地に行くことが大事!

地元産の食材でない場合は例え近隣の産地であっても必ず輸送コストや人件費などがかかってしまうというデメリットがあります。

お取り寄せグルメも送料がかかるなどコストがかかるので同様ですね。

近郊であればお取り寄せの送料よりもスーパーで買うよりも実際に行く方が安くなることもあります。

そのような時には観光も兼ねて出かけて食事をしたり、食材を買って帰るのもおすすめですよ!

 

一番栄養価が高い状態で食べられる

地産地消では栄養価が高く、おいしさも詰まった食材が手に入ります。

地産地消に取り組むレストランであれば地元の食材を使った食事で、食材が持つ本当のおいしさを感じることが出来るでしょう。

外食が多くなりやすい人は地元の食材を使った飲食店を探して食事に行くという工夫で自分の体にとってもお店にとってもメリットが生まれますよ。

予約サイトを使えばGo to eatの特典が受けられてお得です♪

女子人気のレストランだけ!OZ限定特典付きディナー タイムズクラブ会員なら最大25%OFF「タイムズカーレンタル」

 

リフレッシュすることも大切

食事で体が元気になれば体がしっかりと内臓へ栄養を届け、エネルギーの消費も上げてくれるので健康にもダイエットにも繋がっていきます。

しかし私たち人間は体の健康だけでは不十分で、心も健康でなければ心身のバランスを崩してしまいストレス食いや食欲の減退も招く可能性があります。

忙しい中でも出かけた先で地元の名物を食べて、温泉につかってくるだけでも十分に心と体のリフレッシュが出来るのでGo to travelを利用して心身のエネルギーを充電してみてはいかがでしょうか。

近場であれば時間も有効に使えて満喫できます!
関東圏の人なら箱根、草津、熱海辺りなら行きやすいですよね(^^)

まとめ

地産地消の視点から外食や旅行での食事における健康の目指し方を見てきました。

私も記事の中で外食は控えた方が良いと言っていることもある中で、食事の選び方や栄養バランスに意識を向ければ必ずしも外食を避けなければならないわけではないことがわかりました。

みなさんもぜひこの機会に心と体のエネルギー充電をして日々を笑顔で過ごせるように心がけていきましょう!
 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です