【対策】リラックスにおすすめの飲み物 ~緊張やイライラからリフレッシュしよう~

みなさんはストレスで食べ過ぎてしまうことはありますか?

私はイライラ、緊張や不安を抑えるために食べてしまうことがあります。

イライラや不安などによるストレスは体を太りやすくする原因になるので、緩和させる方法を知っていればストレス太りのリスクを減らすことになります。

家にいる時間が長い今こそ身近なことから変えていくのが大切ではないかと思い、今回はリラックスできる飲み物についてみていきたいと思います。
 

【本日のポイント】
過剰なストレスが太る原因になる

リラックス効果がある飲み物を活用しよう

リラックス効果のあるおすすめの飲み物
ホットミルク
ココア
ハーブティー
コーヒー
緑茶

過剰なストレスが太る原因になる

仕事の電話や会議などによる緊張、不安は大きなストレスとなりストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが多く分泌されます。

本来コルチゾールはストレスで機能低下を起こしやすい脳を守るため、脂肪を分解して代謝促進するなど私たちの体にとって重要な役割を果たします。

しかしストレスが多い仕事や生活ですとコルチゾールが過剰に分泌されるので内臓の機能が落ちたり、脂肪や炭水化物などの代謝バランスが崩れたりと体のバランスがおかしくなる原因になります。

また、体だけではなく不安・緊張・イライラを強く感じるようになったり、感情のアップダウンが大きくなったりと自律神経のバランスを崩しやすくなるので心にも影響を及ぼします。

代謝が落ちればエネルギーが正常に消費されないので脂肪として体に蓄積をされていき、不安やイライラを強く感じると何かを食べずにはいられなくなるなどのストレス過食を招く可能性もあります。

過剰なストレスを減らすことで心と体の健康を維持して太るリスクを減らすようにすることが大切です。
 

リラックス効果がある飲み物を活用しよう

仕事中にできる気分転換には限りがありますよね。

ストレスを感じたときには軽い運動やストレッチがいいと聞きますが、私も含めて会社ではできないな…と思う人も多いのではないでしょうか。

気分転換もストレス解消もできないでイライラしてお菓子を食べてしまって後悔をする前にリラックス効果のある飲み物でストレスを緩和させてみてください。

ただし、ストレスの度合いは人によって様々です。

ポイントとしては飲み物を飲んでも効リラックス果がなかったとしてもマイナスに捉えないようにしてください。

私の場合、効果があったと思えるのは5回中2回くらいです。

しかし飲み物を飲んでお菓子を食べる量・食べる頻度が少しでも減ればラッキーという気持ちぐらいの方がかえって効果が出やすくなるので重く考えないようにしましょう!
 

リラックス効果のあるおすすめの飲み物

リラックス効果のある飲み物にはノンカフェインなど寝る前にも適したものもあります。

好きなものを見つけてみてくださいね(^^)
 

ホットミルク

寝る前にホットミルクを飲むと良いとよく聞きますよね。

牛乳のカルシウムが不安や緊張から起こる神経の興奮を抑える効果があります。

他にも自律神経を整えるセロトニンの材料になるトリプトファンが心を落ち着かせてくれて、就寝前に飲むと良い睡眠を促してくれるなど様々な作用があります。

トリプトファンには糖質、たんぱく質、脂質を代謝するビタミンの合成も担うので上手く活用したいですね!

ホットミルクにするのは温かい飲み物を飲むことそのものがリラックス効果を生みやすくなるからですので、温めて飲む方がよりおすすめです。
 

ココア

ココアに含まれるカカオポリフェノールには精神的ストレスを抑えて、ストレス状態から改善させる効果があるといわれています。

ココアは純度が高いピュアココアの方がカカオポリフェノールが多く低カロリーです。

牛乳を入れると甘みが足されて飲みやすくなって満足感をアップさせてくれ、さらにリラックス効果も得られます。

苦味が気になる人ははちみつを少し入れるのもおすすめです。

はちみつには血糖値をゆるやかに上げる作用から砂糖よりも太りにくい甘味です。

他にもはちみつには女性に嬉しい腸内環境を整えるオリゴ糖も含まれています。
 

ハーブティー

リラックス効果と聞くとハーブティーというイメージがありますよね。

ハーブティーの中でも身近で手に入りやすいもの5選をお伝えいたします。

コンビニやスーパーなどでも購入できるので試してみてはいかがでしょうか。
 

【身近で手に入りやすいハーブティー5選】
カモミール(ノンカフェイン)
ペパーミント(ノンカフェイン)
ローズヒップ(ノンカフェイン)

フルーツティー
ジャスミン

 

カモミール

カモミールはキク科の花を使用したノンカフェインのお茶です。

体の緊張をほぐして精神を落ち着かせる効果があります。

海外では夜泣きや寝られない子供も飲むほど身近なお茶です。

他にも体を温める、胃の調子を整えてくれる、のどの痛みや皮ふの炎症を抑えてくれるなど多くの効能があるハーブです。

カフェインが含まれる紅茶などとブレンドされているものもあるので、確認をしてから買うようにしましょう!
 

ペパーミントティー

緊張をほぐしてくれることからイライラを静めたり、心身をリラックスさせてくれます。

ミントの爽やかな苦味と香りがリフレッシュ効果を高め、花粉症を引き起こすアレルゲン物質であるヒスタミンが出るのを抑えてくれます。

食べ物の消化に必要な胆汁の分泌を促す効能によって消化不良の改善をします。

ミントティーもブレンドティーになっている場合があるので表示を見てから買うようにしてください。
 

ローズヒップティー

ローズヒップは爽やかな酸味が特徴の美肌効果が高いといわれるノンカフェインのお茶です。

ビタミンCが多く含まれているのでシミを防ぎ、肌の健康を保ってくれます。

美肌効果以外にも整腸作用、イライラの軽減、貧血予防、疲労回復など幅広い効果を期待できます。

他にも女性ホルモンの分泌バランスを整える効能があるので、生理中のイライラや生理痛の緩和にもおすすめです。
 

フルーツティー

トライアルセット TEAtrico 株式会社ティートリコ

フルーツティーはフルーツの優しい甘みがリラックス効果を生みます。

お茶になっているドライフルーツは食べられるので、フルーツのビタミンが疲れを癒してくれます。

イライラで食べたい!と思ったときにも果物は低カロリーなので安心して食べられます♪

果物だけのフルーツティーと紅茶やローズヒップなどとブレンドされているものがありますので、カフェインが入っていないものを選びたい場合は気をつけてください。
 

ジャスミンティー

ジャスミンティーは緑茶にジャスミンの花の香りを持たせたお茶を指します。

ジャスミンの香りにはリラックス効果があり、緑茶に含まれるテアニンには心を落ち着かせてストレス状態からの改善に期待ができます。

緑茶がもつカテキンの脂肪燃焼効果や抗酸化作用なども体に良いといわれ、安眠効果もあるといわれています。
 

コーヒー

コーヒーの香りには脳をリラックスさせてくれる効果があります。

意外に思うかもしれませんが、カフェインにもリラックス効果があります。

眠気覚ましとしてコーヒーを飲むことも多いとは思いますが、カフェインの覚醒効果は個人差に大きく左右されます。

コーヒーを飲んでも眠気覚ましにならない、コーヒーを飲んでもよく眠れるという人にとってはリラックス効果の方が勝っているといえるでしょう。
 

緑茶

ジャスミンティーのときにもお伝えしたようにテアニンに心を落ち着かせてストレス状態からの改善が期待できます。

緑茶にもカフェインが含まれていますが、テアニンにはカフェインの作用を抑える効能があります。

コーヒーや紅茶よりもカフェインの作用が穏やかではあるものの気になる人には水出しの緑茶がおすすめです。

カフェインが抑えられてテアニンが多く抽出されるので水出しを取り入れてみてはいかがでしょうか。
 

まとめ

身近なリラックス効果がある飲み物を見てきました。

みなさんのお気に入りはありましたか?
 

【本日のポイント】
過剰なストレスが太る原因になる

リラックス効果がある飲み物を活用しよう

リラックス効果のあるおすすめの飲み物
ホットミルク
ココア
ハーブティー
コーヒー
緑茶


不安、緊張、イライラなどストレスが多い日々の中でもストレス食いをしないためにもリラックス効果が高い飲み物をいかしてストレスをコントロールしていきましょう!
 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です