【おすすめ】置き換えダイエットをするならスープとみそ汁! ~食事制限を工夫する~

いつも食べ過ぎたと思うのは食べ終わったとき。

みなさんも経験しているようにダイエットをしているときの「食べたい」気持ちとの戦いというのは本当につらくて、ストレスばかりたまりますよね。

お腹が空いたけれど遅い時間だから我慢しよう…

仕事のストレスで何か食べないと治まらない…

物足りないからもう少し食べたいな…

私の場合はそのようなときには何かが食べたくなってもっとイライラしてしまうということばかりでした。

そんな私が考えて出した結論はスープとみそ汁を活用することが一番いいというものでした。

今回は置き換えダイエットとして食べ足りないとき、食べたいときに汁物を活用するをテーマに見ていきたいと思います!
 

【本日のポイント】
スープとみそ汁のカロリーをいかして空腹に勝つ!

置き換えとしておすすめの理由!
1.カロリーが高くない
2.食べる量を抑えられる
3.調理の手間が少ない
4.会社でも食べられる
5.心とお腹の満足感を得られる

夏は冷たいスープ・みそ汁もおすすめ

 

ご飯をみそ汁へ・パンをスープへ置き換える

菓子パンからスープに置き換えたら大きくカロリーダウン!

ご飯100g(茶碗に小盛1杯)は168kcal

けんちん汁のような具沢山みそ汁(お椀1杯約160g)は100kcal~120kcal
(100gあたり62.5kcal)

食パン6枚切り1枚(約60g)は158kcal
(100gあたり264kcal)

コーンポタージュ1杯(150ml)は約171kcal
(100gあたり114kacl)
参考:クノールつぶたっぷりコーンクリーム 味の素株式会社 に150mlの牛乳を使用した場合


ご飯やパンの置き換えとしてみそ汁やスープを活用するとご飯のおかわりがいらなくなる、ご飯やパンを食べる量をいつもよりも抑えることができるようになります。

参考程度になりますが、
ご飯をみそ汁に置き換えると約105.5kcal
食パンをコーンポタージュに置き換えると約150kcal
のカロリーを減らすことができます。

全てを置き換えてしまうと食事の栄養バランスが崩れてしまうので遅い夕食や夜食のときに取り入れたり、おかわりする分を置き換えたりと工夫をして取り入れるようにしましょう。
  

置き換えとしておすすめする5つの理由!

いつも2個食べちゃうおにぎりもみそ汁があるから1個で十分!

カロリーが高くない

先程のようにカロリーが大幅に抑えられることがポイントです。

食べたときの罪悪感が減るので「太るかもしれない…」とストレスを感じながら食べるのではなく、おいしく食べるようにしましょう!
 

食べる量を抑えられる

みそ汁などの汁物は食べたご飯やパンを水分で膨張させるので食べる量を減らす効果があります。

さらにみそ汁ではだしの効果が、ポタージュでは牛乳の効果が食欲を抑える働きをします。
 

調理の手間が少ない

遅い夕食や夜食が食べたくなったときには手間が少ないことも大切です。

だし入りの味噌を使えば野菜を切る・煮る・味噌を入れるの3ステップで簡単にみそ汁を作れます。

みそ汁もスープも使う食材によりますが、冷凍ができるので作り置きをしておくと便利ですよ!

私の場合は毎日みそ汁を取り入れたことで食べ過ぎ防止になっていると実感していて、夕食のご飯の量が150gから100gになりました(^^)

みその量が少なくてもしっかり味を感じることができるのでこちらのものがおすすめです!
 

 

 

会社でも食べられる

みそ汁もスープも会社で食べることができるので昼食だけではなく間食代わりとしてもおすすめです。

マグカップでスープを飲んでいても違和感はないですし、スープパスタは会社のロッカーに常備してもいいのではないでしょうか(^^)

仕事でイライラして何か食べたくなったときにスイーツやお菓子の代わりにスープやみそ汁でしっかりカロリーコントロールをしていきましょう!
 

 

 

心とお腹の満足感を得られる

市販カップみそ汁、人気スープパスタ、具沢山のポタージュなど温かい食べ物は幸せな気持ちにしてくれて心をリラックスさせてくれる効果があります。

また、汁物はお腹にたまりやすいことからもお腹の満足感も得やすいことと、野菜がたくさん入っていれば腹持ちもいいのでおすすめです。

スープもみそ汁も残り野菜を使って作ることもできるので野菜不足の解消や無駄なく野菜を使う方法としてもいかせるのではないでしょうか。

自炊派の人にはスープメーカーで手作りするのが自分好みになってお財布にも優しいです。
 

 

夏は冷たいスープやみそ汁もおすすめ

夏の暑さで食欲がなくなったら冷たいスープ、みそ汁で栄養を取るのも効果があるので置き換え食としておすすめです。

冷たくすると塩辛さを感じやすくなるので、夏の暑さで疲れた体にはおいしく感じられると思います。

レシピはなく、作ったスープやみそ汁を冷蔵庫で冷やしておくだけです(^^)

麺類で簡単に済ませる、氷菓子ばかり食べずに夏バテ予防のためにも栄養を取るように心がけてくださいね!
 

 

こだわり国産野菜のスープ専門店 野菜をMotto!!

レンジで1分・1個104kcal以下・国産野菜で安心の3拍子がそろった濃厚なポタージュとごろっと野菜のスープで心もお腹も満足できる!

国産野菜100%で作られているから妊娠中の人も子供も安心して食べられます(^^)

遅い日の夕食や夜食にもぴったりです♪

ウェルネスダイニング ベジ活スープ食

1食で1日に必要な野菜の1/2を摂ることができる具沢山スープです。

塩分を控えている人にもおすすめな1食の塩分は2g以下でありながらしっかり食べられて満足感も腹持ちもいいのが特徴です。

冷凍保存で食べるときはレンジアップでOKのとってもお手軽なスープで忙しい朝も遅くなった夕食にも便利です。
 

まとめ

食事の置き換えダイエットとしてスープ・みそ汁を活用するをテーマに見てきました。

みなさんは食事制限をがんばり過ぎてしまってはいませんか?

食べられないストレスから食べ過ぎたり、我慢しているものを食べてしまったりして自己嫌悪に陥らないためにも食べ方の工夫を一緒にやっていきましょう!
 

【本日のポイント】
スープとみそ汁のカロリーをいかして空腹に勝つ!

置き換えとしておすすめの理由!
1.カロリーが高くない
2.食べる量を抑えられる
3.調理の手間が少ない
4.会社でも食べられる
5.心とお腹の満足感を得られる

夏は冷たいスープ・みそ汁もおすすめ


ダイエットには頑張るべきところ、がまんすべきところが必ずあります。

しかし頑張る方法、がまんする方法をきちんと選ぶことができれば余計なストレスを減らすことができますので1つに限らずみなさんに合った方法を一緒に探していきましょう♪

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です