【対策】酢の効果で健康と夏バテ予防!

酢飯にももちろん酢が使われています!

みなさんは普段の料理で「酢」を使うことはありますか?

私は酸っぱいものが苦手なので酢の効果について気にかけていませんでしたが、この数年で夏は酢を食生活に取り入れることにしました。

いつもの夏よりも体の調子がいいような?と思っていたら酢は少量でも効果が大きい優秀な調味料だと知りました。

今回は健康と夏バテ予防をテーマに酢の効果を見ていきたいと思います!
 

【酢の効果】
1日大さじ1杯の酢で健康と夏バテ予防!

酢の5つの効果
1.疲労回復
2.病気予防
3.ダイエット効果
4.美肌効果
5.腸内環境正常化

食生活に酢を取り入れる
・飲み物 お酢ドリンク
・食事  酢飯・ピクルス・もずく酢・南蛮漬け など
・間食  ところてん

5つの酢の力で健康と夏バテ予防

1日大さじ1杯の酢で医者いらずとも言われるほどに体にいい効能がたくさんあります。

東洋医学の陰陽五行説の観点からも酢は体の余分な熱を下げてくれる効能と肝臓を元気にする効果からも夏バテ防止にもぴったりです。

酸味は肝臓の機能を高めてくれて夏を乗り切るエネルギーを作り出してくれます。

夏バテになりやすい人は酸味のあるものを食べて肝臓を労わるのも予防対策として有効です。
 

疲労回復

酢に含まれる酢酸やクエン酸などの成分が食べたものを効率よくエネルギーへ変えてくれるので疲れた体へ早く無駄なく栄養を届けることができます。

他にも筋肉の回復を早めてくれる効果も優れているので運動が習慣の人にもおすすめです。
 

病気予防

免疫効果を高める・血管の老化を防ぐ・高血圧を抑制する・がん予防と様々な効果が期待できます。

意外に思われるかもしれませんが、冬だけではなく夏も心臓や血管の病気は多いので
血管の健康を保ち血液をサラサラにすることは心筋梗塞・脳卒中・動脈硬化の予防のためにも取り入れたいですね!

(脳梗塞についてはこちらも参考にどうぞ)
 

 

ダイエット効果

酢のクエン酸とアミノ酸には脂肪を燃焼させる・脂肪が体につかないようにしてくれる効果があります。

さらに毎日酢を取ることで内臓脂肪を減らしてくれる効果もあるので、生活習慣の改善としても手軽に始められるのではないでしょうか。
 

美肌効果

肌荒れの原因となる過酸化脂質が作られるのを抑えて肌の健康を保ってくれます。

さらに美肌に欠かせないビタミンCを壊してしまう酵素の働きを抑えてくれる効果もあります。
 

腸内環境正常化

腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らしてくれる効果によって腸内環境が良くなります。

腸内環境が整っていると太りにくい体質になっていくことにも繋がります。
 

食生活に酢を取り入れる

酢の良いところは「加熱をして酸味を飛ばしても効能が変わらない」点です!

私のように酢が苦手な人はこの3点を意識して取り入れるようにしましょう。
 

【酸味が苦手な人へおすすめの取り入れ方】

1.加熱で酸味を飛ばす

フライパンで煮詰める・鍋で煮るなど

2.酸味が抑えられたものを使う

穀物酢・果実酢・酸味を抑えた加工酢・お酢ドリンクなど

3.レシピをいかして食べやすくなる工夫をする

鶏肉のさっぱり煮・手作りポン酢など

 

酢を手軽に飲む

一番簡単な方法は飲むお酢です。

種類が豊富で酸味がまろやかな飲みやすいものもたくさん売っています。

飲み方は炭酸水や水を入れて飲むだけ(^^)

酎ハイの割材としてもおすすめです!
 

おすすめの飲むお酢

りんご酢やブルーベリー酢などフルーツ酢が酸味が抑えられていて飲みやすいのでおすすめです。

特にりんご・柑橘系・ベリー系は果物自体に酸味があるので酢と相性がいいように思います。

さらにはちみつ入りを選ぶ、牛乳を入れてヨーグルト風にすると酸味がもっと抑えられますよ!
 


はちみつの優しい甘みとゆずのさわやかな酸味が酢の酸味を抑えてくれて飲みやすいお酢になっています。
 


初めてなら定番のりんご酢ドリンクがおすすめ(^^)
 


黒酢はクセがありますが、5つの効果+黒酢の抗酸化作用で体をもっと健康にしてくれます!

ぶどうとブルーベリーの甘みが黒酢のクセをまろやかにしてくれるので飲みやすいですよ(^^)

さらに果実酢は自家製でも簡単に作れます。

必要なものは「果物+氷砂糖+穀物酢 or りんご酢」の3つを保存瓶に入れるだけです。

果物によって差がありますが、1週間~10日くらいでできますのでお家時間で試してみてもいいかもしれませんね!
 

 

酢を使った食べ物を取り入れる

酢豚・もずく酢・めかぶ・酢の物・酸辣湯麺など酢を使った食べ物はたくさんありますね。

ドレッシングでもさっぱりしたものはワインビネガーやバルサミコ酢などを使っていることが多いです。

酢はカルシウムの吸収を高める効果があるので、小魚の南蛮漬けは栄養を無駄なく取れるメニューです。

身近な酢を普段から食事に取り入れられるようにしていきたいですね。
 

おすすめの料理用の酢

酢が得意でない人も使いたくなるおすすめの酢です。

スーパーで売っていたので試してみたら料理にも使いやすくてあっという間に1本使い切ってしまいました。

メーカーでもレシピを公開しているので料理の仕方にも困りませんよ(^^)
 


カンタン酢だけでメインの味付けができてしまう便利な酢です。

砂糖や食塩などが入っているので酢飯もまさにカンタンに作れます。

もう1品ほしいとき、お酒のおつまみがほしいときには野菜のピクルスやマリネで夏にぴったりのさっぱりメニューでどうぞ!
 


和風だしが入ってまろやかになったカンタン酢です。

だしのうま味が食材のおいしさを引き立てますので、浅漬けのようなうま味が染み込んだ味になります。

南蛮漬けやさっぱり味の揚げびたしもなど和風の味付けに向いています(^^)

私はこちらの方が好きなのでリピートしています!
 

間食はところてん


間食でところてんはいかがでしょうか。

とても低カロリーなところてんを酢醤油で食べれば健康とダイエットにもいいですよね!

この夏はところてんを冷蔵庫にストックしておくのもいいかもしれません(^^)
 

 

まとめ

夏も元気に過ごそう!

健康と夏バテ予防をテーマに酢の効果を見てきました。

食生活に酢を取り入れると健康にも夏バテ予防にもとても効果あることがわかりましたので、今日からぜひ取り入れていきたいですね!
 

【酢の効果】
1日大さじ1杯の酢で健康と夏バテ予防!

酢の5つの効果
1.疲労回復
2.病気予防
3.ダイエット効果
4.美肌効果
5.腸内環境正常化

食生活に酢を取り入れる
・飲み物 お酢ドリンク
・食事  酢飯・ピクルス・もずく酢・南蛮漬け など
・間食  ところてん


暑い夏も元気に過ごせるように今から対策をしていきましょう♪

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です