【カロリー摂取の内容を見直そう】ダイエットでカロリー制限をしているのに痩せない原因 

「カロリー制限をしているのに痩せない!」と思っている人にとって我慢しているのに痩せないというストレスは本当につらいものですよね。

今回はダイエットとカロリーの関係についてみていきます。

体質改善を目指している人にとっては「カロリーを抑えるだけでは効果がない」という話は聞き馴染みがあるかもしれませんが、振り返りとして見てみてもらえると嬉しいです。

ダイエットは食べている内容が大切だというテーマでお伝えしたいと思います。
 

【本日のポイント】
カロリーだけに注目しても痩せない!

なぜダイエットにはバランスの良い食生活が重要なのか
・全ての栄養素はお互いを支え合っている

どうやって食事を見直せばいいのか
1.1日の食事でバランスを整える

2.5色で食事を彩る

 

カロリー制限をするだけでは痩せない

このブログを読んでくれているみなさんであれば感覚としてわかってもらえるのではないでしょうか。

極端な話になりますがカロリーだけに注目をすれば痩せられるのであれば、
30代女性に必要な1日のカロリーである1700kcal以内になるように大好きなチョコレートやアイスクリームを食べればいいわけですよね。

そして結果として痩せられるかというと痩せられるはずです。

しかしカロリー制限だけをしてダイエットをした場合、みなさんの目指す健康的で女性らしい体形をダイエット後も維持できるかというと難しいでしょう。

やはりみなさんが持つダイエットの目標を目指すには食事の内容もきちんと考える必要があるということです。
 

ダイエットとバランスの良い食事との関係

一人暮らしですとご飯やパン、パスタなどの炭水化物が多い食事になりやすい人もいると思います。

私も経験がありますが、炭水化物で太ってしまったのでダイエットをするという流れになるのは必ずしもパスタやパンをたくさん食べていることが原因なのではありません。
 

最大の原因は食べたものが体の中でエネルギーとして消費されないことにあります。
 

この原因を解決する方法がバランスの良い食事を取ることなのです。

 

バランスの良い食事が必要な理由

バランスの良い食事が必要な理由はエネルギーを消費する効率をアップさせるためです。


食パンを食べる場合でも食パンだけを食べるよりも目玉焼きと一緒に食べることで糖質のエネルギー代謝がアップするという効果があります。

一日寝ているだけでも人間はカロリーを消費していますが、
ランニングをしたり、筋トレをしたりすると脂肪が燃えやすくなる、消費カロリーが上がるのと同じように食べ物の栄養が体のエネルギー消費を助けてくれる作用を持っています。

主食などの糖質・脂身や油の脂質・
 

同じカロリーをとっていてもスナック菓子を食べている場合と定食を食べた場合で太りやすさが違うのは栄養バランスが関わっているからです。

お菓子を食べてはいけないということではなく、意味があってバランスの良い食事が人間には必要だということなのです。

具体的には
ご飯・パン・パスタなどの主食を食べたら肉や魚、たまごに含まれるビタミンがエネルギーの消費率をアップさせてくれます。

脂肪を燃焼するには肉の赤身や魚に含まれているアミノ酸が燃焼促進の効果を発揮してくれます。

基礎代謝を上げる筋肉を作るためには野菜や海藻のビタミンやミネラルが必要になります。 

 

食事の見直し方

東洋医学の食養生では「緑・赤・黄(茶)・白・黒」の5色を意識して食事をすると上図のように体の機能のバランスを整えることになります。

上図は五臓と呼び五臓六腑の五臓と一緒で、どれか一つエネルギーが強過ぎたり弱過ぎたりすると体調を崩すことに繋がります。

例えば、みなさんも毎日お酒を飲み過ぎると将来「肝臓の病気」になってしまう可能性があるのは知っていることでしょう。

これはお酒を飲むことで強くなった「肺(金のエネルギー)」が「肝臓(木のエネルギー)」を攻撃することで肝臓の機能を弱めてしまうことで起こります。

そしてみなさんはお酒をたくさん飲んだときにはたくさん水を飲みますよね。

水をたくさん飲んであげると「腎(水のエネルギー)」が強くなって二日酔いにならないようにアルコールを薄めて、早く体から二日酔いのもとを尿として出そうとします。

このように体は自然と健康を維持しようとする、病気にならないようにする機能が備わっているので私たちはこの作用を意識して整えてあげる必要があるのです。

そして本来この病気にならないようにするというのは太り過ぎないということも含まれています。

しかしこのバランスを自分から崩すことで太りやすくなり、病気になりやすくなっていくのです。
 

【五臓が表す部位】
肝=肝臓・胆のう など (木のエネルギー)
心=心臓・血管・小腸 など (火のエネルギー)
脾=胃・筋肉 など (土のエネルギー)
肺=肺・気管支・大腸・皮ふ など (金のエネルギー)
腎=腎臓・すい臓・脳・骨・生殖器 など (水のエネルギー)

 

1日の食事でバランスを整える

先ほどのバランスの良い食事が必要な理由でお伝えしたようにバランスの良い食事は食べたもののエネルギー消費の効率を上げてくれます。

私が以前にお伝えした脂肪燃焼効果のある食べ物はこのエネルギー消費効率を上げてくれるものでもあるのです。

しかし毎食バランスの取れた食事をとることは難しいので、1日の食事のトータルでバランスが取れた食事になるように取り組んでいくようにしましょう。

1食パンケーキを食べたとしても他の食事でバランスを整えればいいわけです。
 

5色を食べる

炭水化物・たんぱく質・ビタミン…と栄養のことを考えてバランス良く食べることが大切なのはわかっているものの栄養成分まで考えて食事を選んだり、作ったりするのはとても大変ですよね。

私が実践しているのは1日で5色の食べ物を食べる方法です。

食養生では食べ物も五臓と同様に全て5つに分けられるために5色を意識して食べることで体の調子が整います。

自然界には青色の食べ物はないので青は緑色を指し、黒は海藻や魚介類を主に表します。

1日で5色を食べるように食生活を変えれば栄養バランスがよく痩せやすい体質に変わっていきます。
(食事で体質改善を目指すやり方についてはこちらも見てみてください!)
 

「緑色」
野菜など 『ビタミン全般・食物繊維』

「赤色」
肉・赤身の魚など 『たんぱく質・ビタミンB群』

「黄色・茶色」
ご飯・パン・麺類・イモ類など 『炭水化物』

「白色」
鶏肉・豆腐・豆乳・きのこ・大根など 『たんぱく質・ビタミン・食物繊維』

「黒色」
魚介類・海藻・牛乳・など 『たんぱく質・ミネラル・食物繊維』

  

まとめ

カロリー制限だけでは痩せないをテーマにお伝えしてきました。

みなさんには痩せない原因について心当たりはありましたでしょうか。
 

【本日のポイント】
カロリーだけに注目しても痩せない!

なぜダイエットにはバランスの良い食生活が重要なのか
・全ての栄養素はお互いを支え合っている

どうやって食事を見直せばいいのか
1.1日の食事でバランスを整える
2.5色で食事を彩る


改めてお伝えしたいことは、私はこのブログの中で短期間ではダイエットの効果が出ないと言ってきています。

それはこの自然の摂理をきちんと取り入れた「将来も健康的でいられること」を意識したダイエットをみなさんに取り入れていってほしいからです。

糖質制限などの食事制限は効果を実感しやすいのですが、
みなさんが将来無理なダイエットをしたがために不妊に悩んでしまったり拒食症や過食症になって健康でいられなかったりという可能性を私には否定することができません。

私が否定できない以上はダイエットへの姿勢がゆるく見えてしまうかもしれませんが、将来もみなさんが笑顔で健康でいられるようにする情報をお伝えしていきたいと思っていますので一歩ずつ着実に素敵な未来目指して一緒に進んでいきましょう! 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です