皮膚から食物アレルギーを発症! ~原因は免疫反応が正常に機能していないから!~

最近では卵や牛乳などを食べてアレルギーを発症するよりも食べないことでアレルギーを発症するリスクの方が高いと言われています。

原因はアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)に対する2つの免疫機能が関わっているからです。

今回はアレルギーから体を守る免疫反応について確認をしていきたいと思います。
 

体が持つ2つの免疫機能

体を守るためには「肌」「腸」の免疫機能が働きます。

この2つの免疫機能に異常が起こるとアレルギーを引き起こしやすくなります。
 

肌がアレルギーを引き起こす

食物アレルギーが皮膚から発症するという話を聞いたことはありますか?

皮膚にはバリア機能が備わっており、ウイルス・細菌などが触れたとしても体内へ入らないようにと肌の表面(角層)で防御をしてくれます。

ところが肌荒れなど皮膚に炎症があったり、傷があったりするとバリア機能が正常に働かなくなってウイルスや細菌だけではなく花粉などのアレルゲンが侵入してきてしまいます。

徐々に体の中へ入っていったウイルスや細菌が病気を招き、アレルゲンによってアレルギー反応を示してしまうリスクが高まるのです。
 

腸がアレルギーを引き起こす

私たちの体の中にはウイルスや細菌など病気から体を守る機能を果たす「免疫細胞」という細胞を持っています。

免疫細胞は腸内に存在していて皮膚同様に外部刺激から体を守るためのバリア機能が備わっており、例えウイルスや細菌が体に入ってきても正常な反応であれば体から排出するように免疫機能が働きます。

しかし通常は体が病気にならないようにウイルスや細菌などの異物と戦っているはずの免疫細胞が、花粉・ハウスダスト・食べ物など病気とは関係のないものが体内に入った時も異物として認識してしまい体を守るために過剰反応をしてしまいます。

くしゃみ・咳・鼻水をはじめとした症状は体に入ってきた異物を早く体外へ出そうとする行動で、花粉症が風邪をひいた時と同じ症状を起こすのは体がどちらにも防衛反応を示しているからなのです。
 

食物アレルギーは触れないことが大切

肌が弱い子供やアトピー性皮膚炎を持っている人が食物アレルギーを発症しやすいのは皮膚のバリア機能が弱い、弱くなってしまっていることが原因の一つです。

触った覚えがなくても小麦粉の場合は空気中に舞ってしまうことがありますし、卵や牛乳は飛んでしまったものが目に見えないレベルで触れることもあります。

どこにリスクが潜んでいるかがわからないことからもリスクを想定して行動をすることが大切です。
 

子供の場合

赤ちゃんはとても繊細で無防備です

体が未成熟なので皮膚の免疫反応も腸の免疫反応も未発達な状態です。
「初めて」の食べ物は十分に注意をして与えるようにしてください。

赤ちゃんの場合は少しずつを食べさせてあげて、様子を見ると同時に食べ物が肌に触れないようにしてあげることが大切です。

特に口や頬の顔周りは皮膚が薄いのでしっかりとケアしてあげるようにしてください。

花粉やハウスダストのアレルギーも肌に触れることで発症するリスクが上がりますので、しっかりと保湿をしてあげることが大切です。
また、エアコンや空気清浄機でアレルゲンそのものを減らしてあげることも有効です。

肌のバリア機能が働き始めるのは3歳頃からと言われています。
それまでは大人が体に異常がないか気をつけてあげる必要があるでしょう。
  

「初めて食べる時のポイント」
1.くちびる、口の周りに必ず赤ちゃん用ワセリンを塗る



2.頬、首、手足など洋服から肌が出ているところは食べる前に保湿をする

3.引っかき傷、擦り傷、炎症などがある場合は食べ物が触れないように保護する

 

大人の場合

大人の場合、バリア機能自体は形成されているもののアレルギーを発症する可能性があります。

あかぎれ、激しい手荒れによって肌のバリア機能が落ちているとアレルゲンに反応しやすくなってしまいます。

例えば料理人や主婦が洗い物で手荒れをしてしまったところに、調理で触れた食材から食物アレルギーを示すことがあります。

傷や炎症部分から徐々にアレルゲンが入っていくことで全く食物アレルギーがなかった人でもアレルギー体質になってしまうのです。
 

アレルゲンを避け過ぎないことも大事

食べることは成長すること

卵・牛乳・小麦は子供が食物アレルギーを引き起こしやすいために食べさせないようにする家庭があります。

しかし生きていくためにはアレルギーを引き起こしやすい食べ物が体に入ってきてもアレルギーを発症しない体にすることが大切です。

腸にある免疫機能は体に食べ物が入ってくると「この食べ物は体に害がない」と学習、判断をしていくようになります。

このことにより腸が安全だと判断をした食べ物はアレルギーを発症しないのですが、この免疫機能が働く前にアレルゲンに肌が触れてしまうとアレルギー反応を示す可能性が高くなるのです。
 

要するに

食べることで体に免疫をつけさせると食物アレルギーを発症しにくくなるということです。

ただし、たくさん食べさせれば食物アレルギーにならないということではありません。

様々なものを食べて大きくなることは食物アレルギーを避けることにも繋がるわけです。

  

清潔さと保湿が大切

肌に花粉や食べ物が触れることでアレルギー反応を示すことをお伝えしましたが、対策は2点です。
 

【肌からアレルギーを引き起こさない予防法】
1.肌や髪についたアレルゲンを落として清潔にする
しっかり落とすためには湯船につかりましょう。

清潔さを保つために頭皮・顔・体を洗い過ぎたり、擦り過ぎたりすると肌が弱くなって傷ができやすくなってしまいますので気をつけましょう。

2.肌を保湿してバリア機能を維持する
清潔にした肌が乾燥しないようにしっかり保湿をしてあげましょう。

肌が乾燥するとバリア機能を保つこと出来なくなってしまい、傷や炎症がなくても肌の表面が荒れてアレルゲンに反応しやすくなってしまいますので気をつけてください。

 

まとめ

自分に合った保湿アイテムを選ぼう

皮膚からアレルギーを発症してしまう原因を確認してきました。

本日のポイントを確認しましょう。

【免疫反応が正常に機能するには】
・体が持つ2つの免疫反応が機能しない
=肌がアレルギーを引き起こす
=腸がアレルギーを引き起こす

1.食物アレルギーは触れないことが大切
子供は最初が肝心
大人はきちんとケアしよう

2.アレルゲンを避け過ぎないことも大事
食べ物を食べて免疫機能をつけるようにする

<対策>
1.花粉などのアレルゲンを洗い流して清潔にする
2.肌のバリア機能が正常に働くように保湿する

大人であってもアレルギーを発症するリスクがあるように、常に私たちの体はアレルゲンと戦っています。

体が健康でいられるようにするためにも免疫機能を維持していく意識を持つようにしていきましょう♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です