花粉の肌荒れはアレルギーが原因 ~敏感肌は保湿と保護で乾燥を防ぐことが大事~

しっかり保湿して肌をバリアしよう

花粉の時期になると肌荒れをしてしまう人がいます。
特に顔がピリピリしたり、赤くなったりと肌トラブルが多いとテンションが下がってしまいますよね。

これは花粉によるアレルギー症状の一つで「花粉皮膚炎」と呼ばれており、花粉のアレルギーを抑えるためには保湿することが大切です。

また、アレルギー反応だけではなく春は肌に過酷な環境が多く潜んでいるので普段は敏感肌でない人も肌が少しの刺激にも敏感な状態になっています。

今回はアレルギーを起こしやすい敏感肌の肌荒れを抑えるためのポイントを押さえていきたいと思います。
 

肌の保湿で肌荒れを防ぐ

花粉、PM2.5やハウスダストなどの外部刺激から肌を守る働きが肌の一番表層にあたる角質層にあります。

角質層の表面が様々な要因によってガサガサになったり、傷ができたりすると肌のバリア機能が弱くなってアレルギー反応を起こしやすくなるのです。

このような肌の表面の乱れは乾燥が原因であることが多いので化粧水や乳液などでスキンケアを行い肌の保湿を心がけることが大切です。

特に化粧品メーカーの宣伝でよく見かける角質がめくれあがっている図は乾燥や肌の擦り過ぎが原因で起こり、肌が傷ついている状態を自ら作り出しているので肌のバリア機能の低下を招きます。

目に見えないのでわかりにくく、汚れがきちんと落ちているのかが不安になるのは当然ですが、クレンジングや洗顔は肌に過剰なダメージを与えやすいので洗い過ぎには注意しましょう。
 

肌荒れを起こす要因

ピリピリとした小さな刺激が肌にダメージを与え続ける

刺激に敏感になった肌が肌荒れを起こす原因はバリア機能の低下によるもので、大きく分けると2つになります。
 

【バリア機能が低下する原因】
1.花粉や紫外線などの外部要因
2.女性ホルモンの乱れや心身の疲労などの内部要因

 

花粉や乾燥などの外部刺激が肌を攻撃する

春は肌にダメージを与えるリスクが多い

春に多い「花粉皮膚炎」は花粉が飛ぶ時期だけに肌トラブルが起こるという特徴があり、まぶた、頬、首などの部分に炎症を引き起こします。
 

症状としてはかゆくなる、赤く腫れる、ピリピリやヒリヒリする痛みを伴うこともあります。


春は花粉によるアレルギー反応を主として敏感肌になり肌荒れを起こしやすい季節です。

春の装いから薄着になることで花粉や紫外線が肌へ直接ダメージを与えるようになるので冬よりも一層注意をする必要があります。
 

【春に起こる外部刺激】
・紫外線量の増加
・空気の乾燥
・寒暖差
・花粉の飛散
・黄砂の飛散

   

肌のゆらぎを予防する

花粉や乾燥などの外部刺激だけではなく、女性は日々の体調変化によっても敏感肌になることがあります。

生理前、生理中、寝不足や心身の疲労から肌がゆらぎやすくなるので普段使用しているスキンケア用品も化粧品も合わなくなって、肌がヒリヒリしたり赤くなってしまったりします。

栄養・睡眠をしっかり取って肌を健康にしてあげて、痛みが出るなど刺激を感じるスキンケア用品は使用せずに、化粧水+乳液といったシンプルな水分と油分による保湿で肌の回復を待ちましょう。
 

【肌荒れを防ぐ食べ物】

1.「たんぱく質」 新しい肌細胞を作る
2.「大豆イソフラボン」 女性ホルモンの安定をサポート
3.「ビタミンC」 皮ふの健康維持
4.「ビタミンA」 肌の乾燥を防ぐ
5.「ビタミンE」 肌のターンオーバーを促進
6.「ビタミンB2」 肌荒れ予防
7.「ビタミンB6」 肌荒れ予防
8.「亜鉛」 新しい肌細胞を作る


食べ物の詳細は「大人ニキビを予防しよう」を参照してみてください

 

保湿アイテム

みなさんにもお気に入りの保湿アイテムがありますか?
自分の肌に合ったものを見つけることは意外と難しいものです。

私自身、友人にすすめてもらったものや話題のスキンケアアイテムを様々に使用しましたが自分に合ったものが見つけられずに苦労しました。

敏感肌である私が使用したスキンケア用品をお伝えしたいと思います。
敏感肌用の製品は値段が高くなりがちなのですが、保湿に必要な成分が入っているのに高額でないものを厳選しました。
 

スキンケア厳選5品

箸方化粧品

皮膚科の女性医師が開発した必要な成分がきちんと入っているオリジナルスキンケア用品を展開しています。

お財布に優しい、シンプルなラインナップ、肌の刺激になる香料など添加物が入っていないといった嬉しいポイントがたくさんです。

箸方化粧品は肌トラブルがほとんどありません!
私の定番は生理前に肌がゴワゴワして吹き出物が出来ることなのですが…ここのスキンケアを使っているとすぐに元に戻ります(^^)

その前までは有名な敏感肌用スキンケアを使っていたのですが、費用が半分以下で済むようになりました(*^_^*)

しっかりメイクの人は化粧落としが物足りないと思いますので、クレンジングはお気に入りを使うことをおすすめいたします。
 

nesno(ネスノ)

天然温泉に含まれる「ミネラル成分」がターンオーバーのサイクルを整えて肌をイキイキとさせる本来の力を発揮させます。

「洗う」「整える」「フタをする」の最小限ケアで、最大限の肌力を引き出すので、オイルフリーながらも肌が保水する力で乾燥知らずになります。

オイルフリーなので特に夏場はさっぱりした使い心地ながらもモチモチ肌になれます(^^)

nesnoのラインナップには化粧落としがないので、クレンジングはみなさんが現在使っているものを使ってください!
  

Curel 潤浸保湿 フェイスケア

肌の必須成分「セラミド」の働きを守り補い、潤いを与える『セラミドケア』。

洗顔から化粧水、乳液・クリームまで揃った毎日のスキンケアで、肌を守るバリア機能を助け、肌荒れしにくい ふっくらと潤いに満ちた肌に保ちます。

ドラッグストアでも買える花王の乾燥性敏感肌用のスキンケア用品です。

肌トラブルに合わせて商品を選べることと肌の潤いを守りながら肌のバリア機能を高めてくれるところがポイントで、べたつかないのに潤いを実感出来る使いやすい製品です(^^)
 

TUNEMAKERS

今のあなたの肌悩みに合わせて、常に最適なスキンケアをお届けする。

サプリメントのようにひとりひとりの肌にカスタマイズして使える「高濃度の原液」。

美容成分をぎゅっと凝縮した原液は、肌に必要な成分をまっすぐ届けて、最短距離でなりたい肌を目指します。

敏感肌であっても大人ニキビ・しわ・シミと悩みはたくさんありますよね(><)

自分に必要なものをピンポイントで肌に届ける、スキンケア用品に足して効果を上げるなど自分でカスタマイズ出来るのが嬉しいポイントです(^^)
おすすめはセラミドを導入液として使うことです!
 

無印良品 敏感肌シリーズ

岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズです。
乾燥が気になる敏感肌にうるおいをたっぷり与えて保護します。

人気の無印良品から販売している敏感肌シリーズです。
敏感肌用でもさっぱり・しっとり・高保湿と季節や体調にも合わせやすく、お財布にも優しいのがポイントです(^^)
 

まとめ

いつでも笑顔で写真を撮れるように

花粉など体の外からも体調の変化による体の中からも肌は常にダメージに晒される環境にいます。

それでもやっぱり肌がきれいだと自信もつくし、笑顔でいられますよね。

本日のポイントを確認しましょう。

【肌の保湿で肌荒れを防ぐ意味】
1.花粉や乾燥などの外部刺激から肌を守る
2.体調の変化による肌のゆらぎを予防する


花粉やハウスダストなどの外部刺激による肌荒れは肌を清潔にすることも大切です。

特に顔や体についたアレルゲン(アレルギー物質)は早く取り除くことも大切ですので、保湿と同じぐらいに入浴をしてアレルゲンを落とすことにも意識を向けてあげてくださいね♪
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です