大人ニキビを予防しよう ~食べ物で体の内側から改善~

みなさんが抱えている肌トラブルに「大人ニキビ」はあるでしょうか。

大人ニキビとは20代後半から増える吹き出物と呼ばれる肌トラブルのことを指します。

思春期のニキビとは異なり食生活や生活習慣などの悪化が原因で起こるトラブルで、予防をすることが出来るものと言われています。

原因と改善方法を知ってキレイな肌と健康的な生活を目指していきましょう!
 

大人ニキビの原因は食生活と生活習慣の悪化

お酒を飲んだ翌日にニキビが出来ている、3時のおやつを食べ過ぎたら夕方には顔がテカテカしているなど30代になると体の不調が肌に出やすくなります。
 

大人ニキビは加齢による新陳代謝の低下も作用して、ニキビが治りにくくニキビの跡が残りやすいという二重苦を持っています。

 

偏った食生活と睡眠や運動不足の生活習慣を見直してニキビが出来ない体質を目指していきましょう!

 

大人ニキビを予防する4つの習慣

食生活の見直し

内臓が働くためにはビタミンとミネラルが必要

みなさんが好きな揚げ物、ファストフード、スナック菓子など脂肪が多い食べ物やお菓子、ケーキ、菓子パンなどの糖分が多い食べ物は体の中で分解する時に大量のビタミンやミネラルを消費します。

せっかく健康のためにと野菜を食べても脂肪や糖分の分解に使用されていては栄養を取った意味がなくなってしまいます。

食事が茶色い食べ物ばかり、甘い物ばかりになってはいませんか?
油や砂糖は満腹感を感じやすく、幸せな気持ちにしてくれますが食べ過ぎにならないように意識をしていきましょう。

また、便秘がちな人も要注意です。
腸に溜まった老廃物がいつまでも排出されないと毒素を腸が吸収して体の中を流れていってしまいます。

この毒素が体や肌の不調を引き起こしてしまい、顔や首に吹き出物として出てきてしまうのです。

 

睡眠をしっかり取る

入眠後の3時間に分泌される成長ホルモンの影響により肌のターンオーバーが活性化します。

また、肌の健康にも関係してくる自律神経が整う女性ホルモンが正常に分泌されるなどの作用は睡眠をしっかりと取ることで得られます。

不調とは無縁になるために忙しい中でも睡眠で休養を取るようにしましょう。

ただし、休日などに寝だめをすることは体のリズムを狂わせてしまうのでお勧めできません。
通常の生活習慣において睡眠を取る意識を持つようにしましょう。
 

軽い運動をする

階段で運動習慣をつける

精神的な疲労に対して運動など肉体を使う動きをすると良い気分転換になると言われています。

気分が落ち込んだ時やイライラしている時にこそ運動でリフレッシュをして、大人ニキビを生む自律神経の乱れや不眠などの要因を無くすように心がけましょう。

また、運動で血行を良くすると老廃物の排出・新陳代謝の活性化・肩こりや冷えの改善など大人ニキビの予防にも繋がります。

しかし忙しくて時間がなかったり、運動が苦手な人にとっては運動をすること自体がハードルが高いものですよね。

私自身は運動不足であり運動が苦手なのでお世話になっている整体師さんから運動習慣を身につける方法を教えてもらいました。
 

【超初心者向けの運動習慣】
・早歩きをして帰宅する
・いつもよりも5分長く歩く

(遠回りをして帰る、一駅手前で降りて歩くなど)
・エスカレーターやエレベーターの代わりに階段を使って移動する


これなら出来る!と思えることが大切であるだけではなく、運動不足や運動が苦手な人の場合は最初から頑張り過ぎてしまうと体を痛めたり、ケガをしてしまったりしてやる気を削がれてしまうことがあるとのことでした。

私は張り切ってジョギングをして筋肉痛以前に膝を痛めた経験がありますので、「気分転換に運動をする」「運動の習慣を身につける」という目的で運動不足を解消するのが良いでしょう。
 

スキンケアの見直し

値段ではなく自分に合うものを使おう!

大人ニキビは口元・あご・首にできやすいと言われています。

精神的疲労や生活習慣の乱れ、生理前に起こる女性ホルモンの乱れによってニキビができる場合など必ずしも原因は1つではありません。

しかし共通して起こる症状としては、肌を乾燥から守るために普段以上に皮脂が多く分泌されて毛穴詰まらせてしまい大人ニキビを生み出してしまします。

いつも以上に肌を清潔にして、水分と油分で保湿をしてあげることが大切です。

すぐに肌がテカテカしてくるから化粧水だけで充分と思いがちですが、女性の肌は昼夜問わず乾燥しやすい環境にあるために化粧水だけでは保湿が出来ません。

乳液やクリームなどの油分で化粧水による水分の蒸発を防ぐことが大切です。
  

・化粧や毛穴汚れをしっかりと落とす
・念入りに保湿をする
・角質を拭き取る

  

体の内側から改善する

大豆

大豆が持つ「大豆イソフラボン」の効果で日々不安定な女性ホルモンが安定するようにサポートをしてくれます。

大豆の「たんぱく質」が新しい肌を作る材料になり、「ミネラル類」が内臓が正常に機能するようにサポートもしてくれます。

話題の葉酸も多く含まれていますので積極的に取りたい食品です。

大豆の水煮、納豆、豆腐、豆乳、湯葉、おからなどからも栄養を取ることが出来ます。
 

パプリカ

パプリカに多く含まれる「ビタミンC」が持つ抗酸化作用で皮ふの健康を維持します。

ビタミンCは加熱に弱いので野菜の場合は生のまま、または短時間調理で食べましょう。

果物に豊富に含まれているためにいちご、キウイ、りんご、柑橘類など果物からの取り入れることをお勧めします。

さらにパプリカにはビタミンA(βカロテン)とビタミンEも含まれています。

「ビタミンA」は肌の乾燥を防ぐ働きをします。
「ビタミンE」は血流を良くして肌のターンオーバーを促進します。
 

キノコ

キノコに多く含まれる「ビタミンB2」には肌荒れ予防の効果があります。

また、糖質の代謝を促してくれることで、肌の生まれ変わりに必要なエネルギー供給をサポートします。

「食物繊維」も豊富なので便秘の解消にも効果があります。

卵、海苔、納豆、レバー類、うなぎ、魚卵などに含まれています。
 

マグロの赤身

マグロの赤身に多く含まれる「ビタミンB6」が肌荒れを防ぎ、生理前の不調を緩和する役割をします。

脂質の燃焼を促してくれる効果もあるので、揚げ物など油物を食べ過ぎた場合はビタミンB6を積極的に取りましょう。

カツオ、レバー類、大豆、海苔などに多く含まれています。
 

牡蠣

牡蠣に多く含まれる「亜鉛」は肌細胞の生成を活性化して、外的刺激に負けない肌を作るサポートをします。

牛肉の赤身、かに、卵、貝類などに多く含まれています。
 

まとめ

今回は大人ニキビの予防について確認をしてきました。

私には定期的にニキビが出来るタイミングがあるのですが、肌の保湿と睡眠時間の確保を意識したことで50%程度にまでニキビが減りました。

運動と食事管理の習慣が身につけばもっと肌トラブルを減らせるはずなので、肌トラブルから解放されるように改善していきたいと思います。

本日のポイントを改めて確認しましょう。
 

【大人ニキビを予防する4つの習慣】
1.「食生活の見直し」
脂肪や糖分が多い食事によって必要な栄養を取り込めなくなる

2.「睡眠をしっかり取る」
肌のターンオーバーを促して、心と体の不調を予防する

3.「軽い運動をする」
イライラから解放されて、肌トラブルのリスクを減らす

4.「スキンケアの見直し」
肌の調子に合わせたスキンケアでニキビを予防する

【大人ニキビを予防する栄養素】
1.「大豆イソフラボン」
2.「ビタミンC」
3.「ビタミンB2」
4.「ビタミンB6」
5.「亜鉛」


肌トラブルから解放されると気分が良くなって、笑顔も自然と増えていきます。

男性から女性の魅力は素敵な笑顔とも言われるほどですので、みなさんの笑顔が増えるお手伝いになれば嬉しいです♪

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です