糖質を上手く活用してダイエット ~極端な糖質制限はリバウンドのもと~

みなさんは糖質制限ダイエットを聞いたことまたは実践したことはありますでしょうか。


糖質制限ダイエットは痩せるだけはなく、痩せやすい体になり効果を実感することが出来るとのことで大変人気のダイエット法です。


しかし一時的に糖質制限をしているのであれば我慢も続くとは思いますが、糖質制限ダイエットをきっかけに糖質を摂らない生活へ変えてしまう人がいます。


今回は糖質を避けることによるメリットとデメリットを確認していきましょう。
 

糖質で太るとは

食事をすると糖質がブドウ糖としてエネルギーに変わり、生命活動を維持するために体中をブドウ糖が巡り血糖値が上昇します。


しかしそのまま放っておくと血糖値が上昇したままになってしまうので、必要な分を体内で消費するためにインスリンというホルモンが分泌されて細胞に必要な分のブドウ糖を運びます。


体内でブドウ糖を消費する際に、現代人は糖質が多い食事を取る傾向にあるので体内にブドウ糖が余ってしまうことが頻繁に起こります。


インスリンは余分なブドウ糖を無駄にしないで蓄えて必要な時に使おうと脂肪としてためこんでしまう働きをします。


その働きによって私たちは脂肪を蓄えていき太っていってしまうのです。
 

糖質制限ダイエットの仕組みとメリット

【1】糖質を控える
ごはん、パン、めん類などの炭水化物を控えて
肉、魚、野菜、良質の油などをバランスよく取る。


【2】エネルギー回路が変わる
炭水化物に含まれる糖をエネルギーにしていた体が糖質制限で脂肪を燃やしてエネルギーに変える体に変化する。


【3】体脂肪が燃える
脂肪が分解されてケトン体という成分が生成されエネルギー源になる。体脂肪が燃えるようになる。


【4】やせ回路が回り出す
糖ではなくケトン体をエネルギー源とした活動出来て痩せやすい体に変わっていく。


このように脂肪が燃焼しやすい体に変わることで運動をしなくても体重が落ちやすくなるのです。
 

糖質制限のデメリット

糖質が悪者のように扱われていますが、本来糖質は私たちが生きていくうえで必要な栄養素です。


脳や筋肉が働くための重要なエネルギー源であり、脳や神経系に対する唯一の栄養源が糖質です。


疲労の回復、筋肉の運動や体温の維持にも必要な栄養素でもあるために糖質を完全にカットしてしまうのはおすすめ出来ません。


現在では世界各国から極端な糖質制限には健康に大きなリスクがあるという研究報告が上がっているほどです。


研究によってはがんのリスクが上がる、寿命が短くなるといった見解も出ているので健康のためにやっていることが健康を損なっているという点は無視出来ないことではないでしょうか。


その意味においても糖質制限ダイエットをする場合には期限を決めるまたは極端にカットすることを避けた方がいいかもしれません。
 

糖質制限をするのなら

糖質をカットしていたところから糖質を取る生活に戻すと体重が増えやすくなります。


まずは糖質が少ない食品から少しずつ食事に取り入れて、糖質を取ってもリバウンドをしないように体を慣らしていきましょう。
 

糖質制限を止める時の3つのポイント

1.昼食→朝食→夕食の順に糖質を取り入れていく

活動時間の主要エネルギーとなる昼食から取り入れていきましょう。
そして徐々に体を慣らしながら3食に取り入れるようにして、最後に量を増やしていきましょう。
夕食後は基本的に寝るだけになるために糖質の量は控えた方がよいでしょう。
 

2.低糖質のものから少しずつ取り入れる

食物繊維の多い野菜を中心に果物、豆類、全粒穀物、ナッツ等の低炭水化物製品が該当します。

特に気をつけたい炭水化物が多く主食となるご飯やパン類では玄米や全粒粉を使用したパンなど糖質が低いものから少しずつ取り入れて体を慣らしていきましょう。
 

3.主食になる糖質を重視する

糖質と一括りにされてしまっていますが、主食になる白米や食パンや麺類は糖質の吸収が遅いということがわかっています。

反対にスイーツやお菓子などに含まれる砂糖やはちみつ、果物に含まれる果糖は糖質の吸収が早いために血糖値の上昇も早くなり、インスリンが余った糖分を脂肪へ変える働きを活発にしてしまうということがわかりました。

そのためにスイーツがごはん代わりになっていると太りやすくなってしまうのはカロリーだけの問題ではないということです。
 

まとめ

みなさんは糖質についてどのようなイメージを持っているでしょうか。


今回確認したかったことは生きていくのに必要な栄養素を取り過ぎたり、極端に少なくしてしまったりすることで私たちの体に弊害が起こる可能性があるということです。


バランスの良い食事と耳にタコが出来るほどに聞くと思いますが、私たちの体は様々な栄養素の力を借りて健康を維持していることをまずは思い出す必要があるのではないでしょうか。


ダイエットの敵だと簡単に不必要なものと思ってしまうのは少し待った方がいいかもしれません。


今回はダイエットの視点で確認してきましたが、一生を共にする食事を改めて見直してみる機会にしてみてもらえればと思います♪

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です